ページの先頭です
メニューの終端です。

有害鳥獣の対策

[2016年4月1日]

ID:924

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

有害鳥獣対策

市では、有害鳥獣の被害に対して、捕獲と防除を両輪として対策に取り組んでいます。

 (補助制度については、事前の手続きが必要ですので、あらかじめ農林課にご相談ください。)


≪捕獲≫

◎イノシシ、サル、アライグマなどによる農作物や住環境への被害が発生した場合は、地域で話し合っていただき、捕獲が必要な場合には、自治会や農事組合から有害鳥獣捕獲願を市に申請してください。
申請を受け、市から猟友会に捕獲を依頼します。

◎イノシシやシカ・サルなどを捕獲するため、農事組合が大型の捕獲檻を設置する場合、一定の要件を満たしていれば、資材費の1/2を補助します。
なお、設置した捕獲檻を使用する場合には、有害鳥獣捕獲願の申請が必要です。

有害鳥獣捕獲願(自治会長)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

有害鳥獣捕獲願(農事組合長)

≪狩猟免許所得に係る費用の補助≫
◎捕獲の担い手となる人材を確保するため、新規に狩猟免許を所得された方に免許所得費用等の一部を所得年度においてのみ補助いたします。

※猟友会への入会等の補助対象要件がありますので、狩猟試験や事前講習会申し込み前(支払い等を含む)に必ず、農林課にお問い合   わせください。
 事前に問い合わせがない場合は、補助を受けられないことがあります。

≪猟銃購入に係る費用を補助します≫
◎猟銃による捕獲従事者を確保するため、銃本体、保管庫等の購入費の一部を補助いたします。

※補助要件がありますので、猟銃の購入を検討されている方は、銃及び保管庫の所持や購入にかかるすべての手続きを行われる前に農林課にお問い合わせください。(購入を検討され始めた、その時に来ていただくのが最適です。)
 事前に問い合わせがない場合は、補助を受けられないことがあります。

≪防除≫

◎有害鳥獣の農地への侵入を防ぐため、電気柵など防除施設の設置に対し、一定の要件を満たしていれば資材費の1/2を補助します。

◎サルの被害に対する地域の自衛能力の向上を目指して、「電動ガン」を農事組合が購入される場合、費用の1/2を補助します。

◎防除に係る補助につきましても、すべての手続きを行われる前に、農林課までお問い合わせください。

◎防除に係る補助実施主体は農事組合等団体となっております。(個人での申し込みは受け付けておりませんので、ご了承ください)


-担当部署-
産業振興部 農林課
電話番号:0773-66-1023・1030
ファックス番号:0773-62-9891

お問い合わせ

舞鶴市役所産業振興部農林課

電話: 0773-66-1023

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム