○個人演説会開催のため必要な設備の程度及び納付すべき費用額(市民交流センター関係)

昭和54年3月17日

告示第12号

個人演説会開催のため必要な設備の程度及び納付すべき費用額(隣保館関係)を次のように定め、昭和54年4月8日執行の京都府議会議員一般選挙から適用する。

1 個人演説会開催のため必要な設備の程度

施設の名称

照明及び放送設備

演壇

聴衆席

弁士控室

舞鶴市北浜市民交流センター

会場電燈 11個

控室電燈 1個

玄関電燈 5個

廊下電燈 3個

階段電燈 2個

便所電燈 1個

拡声装置 一式

(マイクロホン1個付)

演壇 1台

机 1脚

いす 1脚

/水差/コップ/各1

タタミ 30帖 100人分

机 1脚

舞鶴市市場市民交流センター

会場電燈 12個

控室電燈 1個

玄関電燈 4個

廊下電燈 3個

階段電燈 1個

便所電燈 1個

拡声装置 一式

(マイクロホン1個付)

演壇 1台

机 1脚

いす 1脚

/水差/コップ/各1

タタミ 25帖 75人分

机 1脚

舞鶴市福来市民交流センター

会場電燈 15個

控室電燈 4個

玄関電燈 3個

廊下電燈 3個

階段電燈 1個

便所電燈 2個

拡声装置 一式

(マイクロホン1個付)

演壇 1台

机 1脚

いす 1脚

/水差/コップ/各1

カーペット (35帖分) 125人分

机 1脚

舞鶴市荒田市民交流センター

会場電燈 32個

控室電燈 4個

玄関電燈 5個

廊下電燈 2個

階段電燈 1個

便所電燈 2個

拡声装置 一式

(マイクロホン1個付)

演壇 1台

机 1脚

いす 1脚

/水差/コップ/各1

タタミ 45帖 135人分

机 1脚

舞鶴市長浜市民交流センター

会場電燈 32個

控室電燈 2個

玄関電燈 5個

廊下電燈 2個

階段電燈 1個

便所電燈 2個

拡声装置 一式

(マイクロホン1個付)

演壇 1台

机 1脚

いす 1脚

/水差/コップ/各1

タタミ 42帖 125人分

机 1脚

2 個人演説会の公営のために納付すべき費用額

施設の名称

種別

聴衆席の面積

納付すべき費用額

舞鶴市北浜市民交流センター

集会室

78.00m2

無料

舞鶴市市場市民交流センター

集会室

61.69m2

無料

舞鶴市福来市民交流センター

集会室

94.98m2

無料

舞鶴市荒田市民交流センター

集会室

102.83m2

無料

舞鶴市長浜市民交流センター

集会室

87.92m2

無料

(備考)

1 施設の使用時間は、午前9時00分から午後10時00分までとする。

2 使用電力については、納付すべき費用額は、それぞれ実費とする。

改正文(平成14年3月29日告示第23号)

平成14年4月1日から適用する。

個人演説会開催のため必要な設備の程度及び納付すべき費用額(市民交流センター関係)

昭和54年3月17日 告示第12号

(平成14年3月29日施行)

体系情報
第2編 議会・選挙・監査/第2章 挙/第2節 選挙一般
沿革情報
昭和54年3月17日 告示第12号
平成14年3月29日 告示第23号