○監査委員事務局の組織、処務等に関する規程

昭和39年4月1日

監委規程第2号

(趣旨)

第1条 この規程は、舞鶴市監査委員条例(昭和39年条例第18号)第5条の規定により監査委員事務局(以下「局」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(平19監委規程2・平29監委規程1・一部改正)

(職制)

第2条 局に事務局長(以下「局長」という。)及び事務局次長(以下「次長」という。)、係に係長を置く。

2 必要があるときは、局に主幹、主任、主査及び主事を置くことができる。

(平19監委規程2・全改、平29監委規程1・一部改正)

(職務)

第3条 局長は、監査委員の命を受けて局の事務を掌理し、職員を指揮監督する。

2 次長及び主幹は、局長を助け、局の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

3 係長及び主任は、上司の命を受けて所属事務を処理し、所属職員を指揮監督する。

4 主査は、上司の命を受けて、高度の知識又は経験を必要とする事務を処理する。

5 主事は、上司の命を受けて、担任事務を処理する。

(昭52監委規程1・全改、平19監委規程2・平29監委規程1・一部改正)

(職務の代理)

第3条の2 局長に事故あるときは次長がその職務を代理する。

2 次長に事故あるときは主幹が、主幹にも事故あるときは主管の係長がその職務を代理する。

3 前2項に定める職務の代理は、重要又は異例に属する事項については、これを行うことができない。ただし、緊急やむを得ないときは、この限りではない。

4 職務の代理によって処理した事項については、軽易な事項を除き施行後速やかに上司に報告しなければならない。

(昭52監委規程1・追加、平19監委規程2・一部改正)

(局の組織)

第4条 局に次の係を置く。

総務係

監査係

(昭52監委規程1・平27監委規程2・一部改正)

(係の分掌する事務)

第5条 係の分掌する事務は、次のとおりとする。ただし、異例に属する事項又は分掌の分明でない事項がある場合は、代表監査委員が定める。

総務係

(1) 局の人事に関すること。

(2) 局の予算に関すること。

(3) 会議、調査、資料等に関すること。

(4) 簿冊、記録、物品等の管理に関すること。

(5) 文書の収受、発送に関すること。

(6) 監査、検査の報告及び公表並びに審査意見に関すること。

(7) 議会より送付された請願の措置に関すること。

(8) 他の係に属しないこと。

監査係

(1) 監査、検査及び審査に関すること。

(2) その他監査に関すること。

(昭52監委規程1・昭58監委規程2・平27監委規程2・一部改正)

(職員の分掌事務)

第6条 職員の分掌事務は、代表監査委員が定める。ただし、局長において必要があると認めるときは、相互に応援、協力をさせることができる。

(処務)

第7条 事務処理は、法令の定めるところによるのほか、文書をもってする事務は、全て次長及び局長を経て監査委員の閲覧又は決裁を受けなければならない。

(平29監委規程1・一部改正)

(局長代決)

第8条 次の事項については、局長において代理決裁をするものとする。ただし、異例に属し又は先例となる事項については、この限りでない。

(1) 職員の休暇、欠勤、旅行、帰省等の願届に関すること。

(2) 職員の時間外勤務の命令に関すること。

(3) 職員の市内出張の命令に関すること。

(4) 職員の事務引継に関すること。

(5) 軽易な事務の照会、回答に関すること。

(6) その他軽易な事務で常例となっていること。

(昭58監委規程2・一部改正)

(文書)

第9条 文書は、法律に定めるもののほか、全て監査委員の名においてするものとする。ただし、監査委員より特に指示された事務又は代理決裁を命ぜられた事務で、監査委員の名においてする必要がないと認められるものについては、局又は局長名をもってすることができる。

2 文書の処理については、別に定めのあるもののほか、市長部局の例による。

3 文書の保存年限は、別に定める。

(平29監委規程1・一部改正)

(公印)

第10条 局及び局長の印は次のとおりとし、その管理については監査委員及び代表監査委員の印の例による。

公印の種類

ひな形

書体

寸法

印材

個数

監査委員事務局印

画像

てん書

30ミリメートル

木印

1

監査委員事務局長印

画像

てん書

18ミリメートル

木印

1

(昭58監委規程2・一部改正)

(職員の服務、処務等)

第11条 職員の服務、処務等については、この規程に定めるもののほか市長部局の例による。

(平29監委規程1・一部改正)

附 則

第1条 この規程は、昭和39年4月1日から施行する。

第2条 舞鶴市監査委員事務局規程(昭和29年4月1日監査委員規程第1号)は廃止する。

附 則(昭和52年7月18日監委規程第1号)

第1条 この規程は、公布の日から施行する。

附 則(昭和58年1月20日監委規程第2号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年4月1日監委規程第2号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成27年4月1日監委規程第2号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成29年3月28日監委規程第1号)

この規程は、平成29年4月1日から施行する。

監査委員事務局の組織、処務等に関する規程

昭和39年4月1日 監査委員規程第2号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第2編 議会・選挙・監査/第3章
沿革情報
昭和39年4月1日 監査委員規程第2号
昭和52年7月18日 監査委員規程第1号
昭和58年1月20日 監査委員規程第2号
平成19年4月1日 監査委員規程第2号
平成27年4月1日 監査委員規程第2号
平成29年3月28日 監査委員規程第1号