○文庫山学園事務分掌規則

昭和55年5月26日

規則第21号

(趣旨)

第1条 この規則は、文庫山学園(以下「学園」という。)の事務分掌等について、別に定めがあるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(職員)

第2条 学園に園長を置く。

2 園長は、上司の命を受けて学園の業務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

(平27規則15・平28規則13・一部改正)

第3条 学園に主幹、園長補佐、主任、主査及び主事を置くことができる。

2 主幹は、上司の命を受けてその事務を処理する。

3 園長補佐は、園長を助け、所属業務を掌理し、園長に事故があるときは、その職務を代理する。

4 主任は、上司の命を受けて所属事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

5 主査は、上司の命を受けて、高度の知識又は経験を必要とする事務を処理する。

6 主事は、上司の命を受けて、担任事務を処理する。

(平27規則15・追加、平28規則13・平28規則49・一部改正)

(分掌事務)

第4条 学園の分掌する事務の概目は、次のとおりとする。

(1) 学園の事業の企画、実施に関すること。

(2) 学園の運営、維持管理に関すること。

(3) 学園の利用に関すること。

(4) 関係団体との連絡、調整に関すること。

(5) その他特に命じられた事項

(平27規則15・旧第3条繰下)

附 則

(施行期日)

1 この規則は、昭和55年6月1日から施行する。

(舞鶴市福祉事務所細則の一部改正)

2 舞鶴市福祉事務所細則(昭和49年規則第9号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

(管理職手当に関する規則の一部改正)

3 管理職手当に関する規則(昭和36年規則第20号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

(舞鶴市の予算編成及び執行に関する規則の一部改正)

4 舞鶴市の予算編成及び執行に関する規則(昭和39年規則第21号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

(舞鶴市会計規則の一部改正)

5 舞鶴市会計規則(昭和39年規則第15号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

(舞鶴市公印規則の一部改正)

6 舞鶴市公印規則(昭和38年規則第22号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

附 則(平成27年3月31日規則第15号)

(施行期日)

1 この規則は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月31日規則第13号)

(施行期日)

1 この規則は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成28年12月8日規則第49号)

(施行期日)

1 この規則は、平成29年4月1日から施行する。

文庫山学園事務分掌規則

昭和55年5月26日 規則第21号

(平成29年4月1日施行)