○舞鶴市老人介護支援センター条例

平成9年3月31日

条例第6号

(設置)

第1条 在宅の虚弱老人等の介護を支援するため、老人福祉法(昭和38年法律第133号)第15条第2項の規定に基づき、舞鶴市老人介護支援センター(以下「センター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

舞鶴市南在宅介護支援センター

舞鶴市字行永1090番地の30

舞鶴市加佐在宅介護支援センター

舞鶴市字八田962番地

(平11条例35・平12条例36・平18条例36・一部改正)

(定義)

第3条 この条例において「在宅の虚弱老人等」とは、本市に居住するおおむね65歳以上の在宅の虚弱又はねたきり等の状態にある者で日常生活を営むのに支障があるものをいう。

(事業)

第4条 センターにおいては、在宅の虚弱老人等に係る介護に関する総合的な相談対応、保健福祉サービスに関する実施機関等との連絡調整等の便宜供与及び介護用品の展示等の事業その他市長が必要と認める事業を行う。

(指定管理者による管理)

第5条 センターの管理は、法人その他の団体であって、舞鶴市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例(平成15年条例第24号)第3条第1項の規定に基づき市長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)にこれを行わせる。

(平17条例24・追加、平18条例36・一部改正)

(指定管理者が行う業務)

第6条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 第4条に規定する事業に関する業務

(2) センターの維持管理に関する業務

(3) その他センターの管理運営上市長が必要と認める業務

(平17条例24・追加、平18条例36・一部改正)

(開館時間及び休館日)

第7条 センターの開館時間及び休館日は、規則で定めるものとする。

(平17条例24・追加)

(利用対象者)

第8条 センターを利用できる者は、舞鶴市に居住する者及び在宅の虚弱老人等を介護する者等とする。

(平17条例24・旧第5条繰下・一部改正)

(入館の制限等)

第9条 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当すると認められるときは、その者に対し、入館を拒み、又は退館を命ずることができる。

(1) その利用がこの条例この条例に基づく規則等に違反するおそれがあり、又は違反したとき。

(2) その利用が公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがあるとき。

(3) 前2号に掲げる場合のほか、センターの管理運営上支障があるとき。

(平17条例24・旧第6条繰下・一部改正、平18条例36・一部改正)

(損害賠償)

第10条 センターの施設を破損し、又は滅失した者は、その損害を賠償しなければならない。ただし、市長は、やむを得ない理由があると認めるときは、その賠償額を減免することができる。

(平17条例24・追加)

(指定管理者不在等期間の管理)

第11条 第5条の規定にかかわらず、舞鶴市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例第6条第1項の規定により市長が指定管理者の指定を取り消し、又は期間を定めて管理の業務の全部若しくは一部の停止を命じた場合等で指定管理者が不在等となったときは、その時からその直後に指定管理者を指定し、又は当該停止の期間が終了するまでの間におけるセンターの管理は、市長が行う。

2 第9条の規定は、前項の規定により市長がセンターの管理を行う場合について準用する。この場合において、同条中「指定管理者」とあるのは、「市長」と読み替えるものとする。

(平17条例24・追加、平18条例36・一部改正)

(委任)

第12条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

(平17条例24・旧第9条繰下)

附 則

この条例は、規則で定める日から施行する。

(平成9年規則第17号で平成9年4月21日から施行)

附 則(平成11年12月27日条例第35号)

この条例は、規則で定める日から施行する。

(平成12年規則第1号で平成12年2月9日から施行)

附 則(平成12年10月10日条例第36号)

この条例は、規則で定める日から施行する。

(平成12年規則第40号で平成13年4月2日から施行)

附 則(平成17年10月7日条例第24号)

(施行期日)

1 この条例は、平成18年4月1日から施行する。

(経過措置)

3 施行日前に、第2条から第6条まで、第9条から第11条まで、第13条から第17条まで及び第19条から第24条までの規定による改正前の各条例の規定に基づきなされた使用の承認、使用の承認の申請その他の行為については、これらの規定による改正後の各条例の相当規定に基づきなされた利用の承認、利用の承認の申請その他の行為とみなす。

(準備行為)

4 第2条から第6条まで、第10条、第11条、第14条から第16条まで、第19条、第20条及び第22条から第24条までの規定による改正後の各条例の規定に基づき指定管理者が行う利用料金等の設定は、施行日前においても当該規定の例により行うことができる。

附 則(平成18年12月27日条例第36号)

この条例は、公布の日から施行する。

舞鶴市老人介護支援センター条例

平成9年3月31日 条例第6号

(平成18年12月27日施行)