○舞鶴市市民交流センター条例

昭和49年10月19日

条例第23号

(設置)

第1条 地域住民の社会的、経済的及び文化的生活の改善及び向上を図るため、舞鶴市市民交流センター(以下「センター」という。)を設置する。

(平14条例11・一部改正)

(名称及び位置)

第2条 センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

舞鶴市北浜市民交流センター

舞鶴市北浜町20番地の7

舞鶴市市場市民交流センター

舞鶴市字市場211番地の7

舞鶴市福来市民交流センター

舞鶴市字福来383番地

舞鶴市荒田市民交流センター

舞鶴市字余部下43番地の15

舞鶴市長浜市民交流センター

舞鶴市字長浜882番地の2

(昭52条例13・昭53条例12・平14条例11・一部改正)

(事業)

第3条 センターにおいては、次の事業を行う。

(1) 生活相談及び生活改善に関すること。

(2) 教養文化及び衛生に関すること。

(3) その他市長が必要と認めること。

(平14条例11・一部改正)

(使用承認)

第4条 センター及びその附属設備等を使用しようとする者は、あらかじめ市長の承認を受けなければならない。承認を受けた事項又は内容を変更しようとするときも同様とする。

2 市長は、前項の承認をする場合において、管理上必要な条件をつけることができる。

(平14条例11・一部改正)

(使用承認の制限)

第5条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、センターの使用を承認しない。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を害するおそれがあるとき。

(2) 営利を目的とすると認められるとき。

(3) 管理上支障があるとき。

(4) その他市長が不適当と認めるとき。

(平14条例11・一部改正)

(使用承認の取消し等)

第6条 使用の承認を受けた者(以下「使用者」という。)が次の各号のいずれかに該当するときは、市長は、その使用の承認を取消し、又はその使用を制限し、若しくは停止し、又は退去を命じることができる。

(1) この条例若しくはこの条例に基づく規定又は使用の条件に違反したとき。

(2) その他管理上市長が特に必要と認めるとき。

2 前項の措置により使用者に損害が生ずることがあっても、市は、その賠償の責めを負わない。

(平14条例11・一部改正)

(使用料等)

第7条 使用料は、無料とする。

2 市長が指定した場合には、電気、ガス又は水道の実費を納付しなければならない。

(目的外使用等の禁止)

第8条 使用者は、使用承認を受けた目的以外に使用し、又は使用の権利を譲渡し、若しくは転貸してはならない。

(平14条例11・一部改正)

(特別の設備の制限)

第9条 使用者は、センターを使用するために特別の設備を付加してはならない。ただし、市長の承認を受けた場合は、この限りでない。

(平14条例11・一部改正)

(使用者の義務)

第10条 使用者は、センター及びその附属設備等を善良な管理をもって使用しなければならない。

2 使用者は、センターの使用を終わったとき、又は使用の承認を取消されたときは、直ちに、原状に回復して返還しなければならない。

3 使用者は、その使用によりセンター及びその附属設備等を損傷し、又は滅失したときは、市長の認定に基づき損害を賠償しなければならない。

(平14条例11・一部改正)

(その他)

第11条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和52年4月1日条例第13号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和53年4月1日条例第12号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成14年3月29日条例第11号)

(施行期日)

1 この条例は、平成14年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日前に改正前の舞鶴市隣保館条例によってした使用許可その他の行為は、改正後の舞鶴市市民交流センター条例の相当規定によってしたものとみなす。

舞鶴市市民交流センター条例

昭和49年10月19日 条例第23号

(平成14年4月1日施行)