○舞鶴市墓園条例施行規則

昭和54年12月27日

規則第26号

(趣旨)

第1条 この規則は、舞鶴市墓園条例(昭和54年条例第30号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(用語の定義)

第2条 この規則で使用する用語は、条例で使用する用語の例による。

(使用資格)

第3条 条例第4条ただし書に規定する特別の理由があると認める場合は、次のとおりとする。

(1) 本市に本籍を有するとき。

(2) その他市長においてやむを得ない事由があると認めるとき。

(使用許可申請)

第4条 条例第5条の規定による使用許可を受けようとする者は、墓地使用許可申請書(様式第1号)により、市長に申請しなければならない。

(許可証の交付)

第5条 市長は、条例第5条の規定により墓地の使用を許可したときは墓地使用許可証(様式第2号)を交付するものとする。

(墳墓の規格及び設置基準)

第6条 条例第6条第2項に規定する墳墓の規格及び設置基準は、別表のとおりとする。

(墳墓の設置の手続)

第7条 使用者は、墳墓の設置(以下この条において「設置」という。)をしようとするときは、墳墓設置着手届(様式第3号)を市長に提出しなければならない。

2 使用者は、設置に当たっては係員の指示に従わなければならない。

3 設置が完了したときは、その旨を係員に申し出て確認を受けなければならない。

(納骨の手続)

第8条 使用者は、納骨しようとするときは納骨届(様式第4号)を市長に提出しなければならない。

(使用の承継承認の手続)

第9条 条例第7条の規定による使用の承継の承認を受けようとする者は、墓地使用承継申請書(様式第5号)により市長に申請しなければならない。

(返還手続)

第10条 条例第8条の規定により墓地を返還しようとする者は、墓地返還届(様式第6号)を市長に提出しなければならない。

(使用料還付)

第11条 条例第11条第2項の規定により使用料を還付する場合は、次の各号に掲げる場合とし、還付金額は、当該各号に定めるとおりとする。

(1) 1年以内に返還した場合 7割相当額

(2) 2年以内に返還した場合 5割相当額

(3) 3年以内に返還した場合 3割相当額

附 則

この規則は、昭和55年2月1日から施行する。

別表(第6条関係)

墳墓の規格及び設置基準

区分

規格(単位・メートル)

高さ

奥行

幅員

墓碑

0.50

(天端0.15)

0.30

0.60

台石

0.20

0.55

0.80

ふた石

0.08

0.40

0.75

納骨室

0.30

1.03

0.86

香台兼花立

0.20

0.18

0.45

備考

1 材質は、石材を使用するものとする。

2 形状及び設置位置は、基準図によるものとする。

3 設置基準に定める施設以外の附帯設備(囲障、植樹、灯ろう等)は、設置できない。

墳墓の形状及び設置位置基準図

画像

画像

画像画像

画像

画像

画像

画像

舞鶴市墓園条例施行規則

昭和54年12月27日 規則第26号

(昭和54年12月27日施行)