○舞鶴市国民健康保険運営協議会規則

平成6年4月1日

規則第30号

(趣旨)

第1条 この規則は、舞鶴市国民健康保険条例(昭和34年条例第4号。以下「条例」という。)第3条の規定に基づき、舞鶴市国民健康保険運営協議会(以下「協議会」という。)の運営に関し、必要な事項を定めるものとする。

(所掌事項)

第2条 協議会は、国民健康保険事業の運営に関する事項について、市長の諮問に応じてこれを審議し、答申するものとする。この場合において、必要があるときは市長に建議することができる。

2 協議会は、被保険者その他の利害関係者から国民健康保険に関する事項について意見の開陳があったときはこれを受理し、必要に応じて意見を付して市長に建議し、又は報告するものとする。

(任期)

第3条 条例第2条の規定による協議会の委員(以下「委員」という。)の任期は、2年とする。ただし、委員に欠員を生じたときは直ちに補充するものとし、当該補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

2 委員は、再任されることができる。

(会長及び副会長)

第4条 協議会に会長及び副会長を置き、条例第2条第3号に規定する委員のうちから委員の互選によりこれを定める。

2 会長は、協議会を代表し、会務を総理する。

3 会長に事故があるとき、又は会長が欠けたときは、副会長がその職務を代行する。

(会議)

第5条 協議会の会議は、必要に応じて会長が招集し、会長がその議長となる。ただし、協議会の全委員又は公益を代表する委員すべての改選があった場合の最初の協議会の会議は、市長が招集するものとする。

2 協議会の会議は、条例第2条第1号から第3号までに掲げる委員各1人以上を含む過半数の委員が出席しなければ開くことができない。

(会議録)

第6条 会長は、会議録を作成し、あらかじめ指名した2人の委員の署名を受けなければならない。

(庶務)

第7条 協議会の庶務は、福祉部保険医療課において行う。

(平11規則10・平21規則5・平23規則20・平27規則15・一部改正)

(委任)

第8条 この規則に定めるもののほか、協議会の運営に関し必要な事項は、会長が協議会に諮って定めるものとする。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成11年4月1日規則第10号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成21年4月1日規則第5号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成23年4月1日規則第20号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成27年3月31日規則第15号)

(施行期日)

1 この規則は、平成27年4月1日から施行する。

舞鶴市国民健康保険運営協議会規則

平成6年4月1日 規則第30号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第3編 行政通則/第1章 組織・処務/第2節 附属機関・委員会等
沿革情報
平成6年4月1日 規則第30号
平成11年4月1日 規則第10号
平成21年4月1日 規則第5号
平成23年4月1日 規則第20号
平成27年3月31日 規則第15号