○舞鶴市貯木場の設置及び管理に関する条例施行規則

昭和55年4月1日

規則第14号

(趣旨)

第1条 この規則は、舞鶴市貯木場の設置及び管理に関する条例(昭和42年条例第26号。以下「条例」という。)の施行について、必要な事項を定めるものとする。

(使用許可の申請等)

第2条 条例第2条の規定による使用の許可を受けようとする者は、舞鶴市貯木場使用許可申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項又は第3条第2項の規定により、使用を許可したときは、舞鶴市貯木場使用許可書(様式第2号)を当該申請者に交付するものとする。

3 市長は、前項の規定により、使用を許可するに当たって、舞鶴市貯木場(以下「貯木場」という。)の管理上必要な使用条件を付することができる。

(使用期間等)

第3条 貯木場の使用期間は、1箇月以内とする。ただし、更新を妨げない。

2 貯木場を使用する者(以下「使用者」という。)が、使用期間満了後引き続いてこれを使用しようとするときは、期間満了の日の5日前までに、前条第1項の規定に準じ、市長に申請し、その許可を受けなければならない。

(使用料)

第4条 条例第4条に規定する使用料は、貯木場1平方メートル当たり1期につき6円とする。

(工作物の設置許可の申請等)

第5条 使用者が、貯木場に小屋その他の工作物を設置しようとするときは、工作物設置許可申請書(様式第3号)に次に掲げる書類を添えて市長に提出し、その許可を受けなければならない。

(1) 設計図書一式

(2) その他市長が必要と認める書類

2 市長は、前項の規定による申請があったときは、その内容を審査し、適当と認めるときは工作物設置許可書(様式第4号)を当該申請者に交付するものとする。

(事故報告)

第6条 使用者は、貯木場の使用に関し、事故を生じ、又は異状を認めたときは、直ちに市長に届け出なければならない。

(施設の返還の届出)

第7条 使用者は、貯木場の使用期間が終わったとき、又は使用の許可を取り消されたときは、直ちに使用者の費用をもってこれを原状に復し、市長に返還しなければならない。

2 使用者は、返還に当たっては舞鶴市貯木場返還届(様式第5号)を市長に提出し、その確認を受けなければならない。

(その他)

第8条 この規則で定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

舞鶴市貯木場の設置及び管理に関する条例施行規則

昭和55年4月1日 規則第14号

(昭和55年4月1日施行)