○舞鶴市印鑑条例施行規則

昭和52年4月1日

規則第13号

(趣旨)

第1条 この規則は、舞鶴市印鑑条例(昭和52年条例第1号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(申請等の確認)

第2条 市長は、条例の規定に基づく申請又は届出があったときは、当該申請又は届出に係る書類の記載事項について住民基本台帳又は印鑑登録原票と照合し、相違ないことを確認しなければならない。

(平6規則2・全改、平24規則32・一部改正)

(印鑑登録申請書)

第2条の2 条例第3条に規定する印鑑の登録の申請の書面は、印鑑登録申請書とする。

(平6規則2・追加)

(本人確認書類)

第2条の3 条例第5条第2項に規定する市長が適当と認める書類は、当該登録申請者に係る健康保険等の被保険者証、厚生年金保険等の年金証書、国民年金等の年金手帳、公費負担医療に係る受給者証、生活保護受給者証明書その他別に定める書類とする。

(平16規則20・追加、平20規則19・一部改正)

(写真の態様)

第3条 条例第5条第3項第1号に規定する写真を貼付したものとは、当該貼付した写真を浮出プレスによって契印したもの又は特殊加工によって写真を密着したものとする。

(照会の回答期限)

第4条 条例第5条第4項の規定による回答書の提出期限は、当該照会書発送の日から14日以内とする。

(押印に使用する印肉)

第5条 印鑑の登録及びこれらに必要な手続のため、印鑑を押印するときは、朱肉を使用しなければならない。

(平24規則32・一部改正)

(印鑑原票の改製)

第6条 市長は、印鑑原票の印影が不鮮明になったときその他必要と認めたときは、印鑑の登録を受けている者にその旨を通知し、当該印鑑及び登録証の提出を求め、印鑑原票を改製することができる。この場合において、改製した印鑑原票は、改製前の印鑑原票とみなす。

(平6規則2・旧第7条繰上)

(抹消した印鑑原票)

第7条 市長は、条例第12条の規定により印鑑登録を抹消したときは、当該印鑑原票に抹消の年月日を記載し、これを除票として保管するものとする。

(平6規則2・旧第8条繰上、平24規則32・一部改正)

(印鑑登録証明)

第8条 条例第13条第1項の規定による印鑑登録証明の申請の書面は、印鑑登録証明書交付申請書とする。

2 条例第14条に規定する印鑑登録証明書は、電子計算組織(与えられた処理手順に従い、事務を処理する電子的機器の組織をいう。)又は複写機により作成するものとする。ただし、同条第4項の規定に基づくものについては、この限りでない。

(平6規則2・追加)

(申請書等の様式)

第9条 条例及び規則に定める申請書等の様式は、次のとおりとする。

申請書等の種類

様式

(1) 条例第3条の規定に基づき規則第2条の2に規定する印鑑登録申請書

様式第1号

(2) 条例第5条第2項に規定する印鑑登録申請者に対する照会及びその回答に使用する照会書及び回答書

様式第2号

(3) 条例第7条第1項に規定する印鑑登録原票

様式第3号

(4) 条例第8条に規定する印鑑登録証

様式第4号

(5) 条例第9条に規定する印鑑登録証の亡失に係る届出又は条例第11条に規定する印鑑の登録の廃止に係る申請に使用する印鑑登録証亡失届及び印鑑登録廃止申請書

様式第5号

(6) 条例第12条第2項に規定する印鑑の登録の抹消に係る通知に使用する印鑑登録抹消通知書

様式第6号

(7) 条例第13条第1項の規定に基づき規則第8条第1項に規定する印鑑登録証明書交付申請書

様式第7号

(8) 条例第14条の規定に基づき規則第8条第2項本文に規定する印鑑登録証明書(電子計算組織用)

様式第8号

(9) 条例第14条の規定に基づき規則第8条第2項本文に規定する印鑑登録証明書(複写機用)

様式第9号

(10) 条例第14条第4項の規定に基づく印鑑登録証明書

様式第10号

(11) 条例第16条の規定に基づく委任の旨を証する代理権授与通知書(様式第2号に係るものを除く。)

様式第11号

(平6規則2・全改、平24規則32・一部改正)

(文書の保存年限)

第10条 印鑑に関する文書の保存年限は、当該年度の翌年から起算して次の各号に定めるとおりとする。

(1) 印鑑原票の除票 5年

(2) その他の印鑑に関する書類 2年

(平6規則2・一部改正)

附 則

この規則は、昭和52年5月1日から施行する。

附 則(平成6年1月24日規則第2号)

この規則は、平成6年2月1日から施行する。

附 則(平成15年4月1日規則第10号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成15年12月24日規則第32号)

この規則は、平成16年1月1日から施行する。

附 則(平成16年6月28日規則第20号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成20年4月1日規則第19号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年6月28日規則第32号)

(施行期日)

1 この規則は、平成24年7月9日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、現に存するこの規則による改正前の様式による用紙等については、当分の間、これを取り繕って使用することができる。

附 則(平成26年3月17日規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成26年11月5日規則第39号)

この規則は、平成27年1月1日から施行する。

(平6規則2・全改、平24規則32・一部改正)

画像

(平26規則1・全改)

画像

(平6規則2・全改、平24規則32・一部改正)

画像

(平6規則2・全改、平24規則32・平26規則39・一部改正)

画像

(平15規則32・全改、平24規則32・一部改正)

画像

(平26規則1・全改)

画像

(平15規則32・全改、平24規則32・一部改正)

画像

(平26規則1・全改)

画像

(平6規則2・全改、平24規則32・一部改正)

画像

(平6規則2・追加、平24規則32・一部改正)

画像

(平6規則2・追加、平24規則32・一部改正)

画像

舞鶴市印鑑条例施行規則

昭和52年4月1日 規則第13号

(平成27年1月1日施行)

体系情報
第3編 行政通則/第6章
沿革情報
昭和52年4月1日 規則第13号
平成6年1月24日 規則第2号
平成15年4月1日 規則第10号
平成15年12月24日 規則第32号
平成16年6月28日 規則第20号
平成20年4月1日 規則第19号
平成24年6月28日 規則第32号
平成26年3月17日 規則第1号
平成26年11月5日 規則第39号