○舞鶴市における府営土地改良事業分担金徴収条例施行規則

平成22年10月5日

規則第27号

(趣旨)

第1条 この規則は、舞鶴市における府営土地改良事業分担金徴収条例(平成5年条例第9号。以下「条例」という。)の施行について、必要な事項を定めるものとする。

(分担金の総額)

第2条 条例第4条第1項に規定する分担金の総額は、土地改良法(昭和24年法律第195号)第91条第2項の規定により市が負担する分担金の額に100分の35を乗じて得た額(その額に1円未満の端数が生じたときは、その端数を切り捨てた額)とする。

(分割納付の申請等)

第3条 条例第5条第1項ただし書の規定により分担金の分割納付を申請しようとする納付義務者は、府営土地改良事業分担金分割納付申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の規定による申請書の提出があった場合は、その内容を審査し、その結果を当該申請者に書面により通知するものとする。

(徴収猶予等の申請等)

第4条 条例第6条の規定により分担金の徴収の猶予、納期限の延長又は減免を受けようとする納付義務者は、府営土地改良事業分担金徴収猶予・納期限延長・減免申請書(様式第2号)を市長に提出しなければならない。

2 前条第2項の規定は、前項の規定による申請書の提出があった場合に準用する。

(その他)

第5条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

舞鶴市における府営土地改良事業分担金徴収条例施行規則

平成22年10月5日 規則第27号

(平成22年10月5日施行)

体系情報
第6編 務/第4章 市税・税外収入/第5節 分担金
沿革情報
平成22年10月5日 規則第27号