ページの先頭です
メニューの終端です。

平成28年度 舞鶴市インフルエンザ予防接種について

[2016年10月12日]

ID:2233

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成28年度 舞鶴市インフルエンザ予防接種について

 予防接種法に基づき、高齢者のインフルエンザ予防接種を下記のとおり実施いたします。

 この予防接種は、個人のインフルエンザ発症及び重症化を予防することを目的に実施しているものです。(接種の義務があるものではありません)「インフルエンザ予防接種について」をお読みいただき、自らの意思で接種を希望される方は、インフルエンザ予防接種協力医療機関でお受けください。


インフルエンザ予防接種について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

対象者(※対象者①の方には10月中旬に個人通知)

接種日において舞鶴市に住民登録があり、自らの意思で接種を希望する方で下記のいずれかの方。

  1. 接種日において65歳以上の方(ただし、接種期間中に65歳以上になる方は、誕生日の前日から接種可能)
  2. 接種日において60歳以上65歳未満であって、心臓・腎臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する方およびヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方。(身体障害者手帳1級程度)



接種期間

平成28年10月17日(月)~平成28年12月30日(金)

各医療機関の診察時間内で実施(休診日を除く)

接種医療機関

インフルエンザ予防接種協力医療機関

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

接種回数

1回

自己負担金

1,500円

※ただし、平成28年度市民税非課税世帯および生活保護世帯の方は事前に申請されることにより、無料となります。下記の自己負担金免除の申請方法をご覧のうえ、手続きをしてください。接種後の申請は受け付けできませんので、ご了承ください。


【平成28年市民税非課税世帯及び生活保護世帯の方の自己負担金免除の申請方法】

◎65歳以上の方に個人通知いたしました、インフルエンザ予防接種のお知らせに同封の「市民税課税状況照会同意書はがき」に必要事項を記入・押印後、個人情報保護シールを貼付し、返送してください。(切手は不要)

 ※接種後の申請は受け付けできませんので、ご了承ください。

 ※生活保護世帯の場合は、保健センターまたは担当ケースワーカーへご連絡ください。

 ※今年度高齢者肺炎球菌予防接種対象の方で申請により自己負担免除と確認出来ている方についても、別途申請が必要です。


◎自己負担金免除申請の結果については、順次郵送でお知らせします。

◎申請期限:平成28年12月19日(月)まで

持ち物

運転免許証や健康保険証など住所と生年月日が確認できるもの。

(※予診票は医療機関に置いてあります。ただし、自己負担金免除の申請をされ、該当すると確認できた方には、予診票をお送りしますのでご持参ください。)

その他

◎接種の意思が確認できない方につきましては、舞鶴市が実施するインフルエンザ予防接種を受けていただくことができません。全額自己負担(任意接種)であれば接種はできますので、かかりつけ医にご相談ください。

◎市外に長期滞在されている場合や市外の病院に入院中等、舞鶴市のインフルエンザ予防接種協力医療機関で接種ができない場合は、舞鶴市保健センターへご連絡ください。

お問い合わせ

舞鶴市役所健康・子ども部健康づくり課(保健センター)

電話: 0773-65-0065

ファックス: 0773-62-0551

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

健康・子ども部健康づくり課(保健センター)


平成28年度 舞鶴市インフルエンザ予防接種についてへの別ルート