ページの先頭です
メニューの終端です。

不妊・不育治療費助成事業

[2017年3月29日]

ID:2274

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

不妊・不育治療費助成事業

舞鶴市では、不妊・不育治療を受けておられるご夫婦の経済的負担を少しでも軽減するため、治療費の助成事業を実施しています。

助成内容

医療保険の適用となる不妊治療

保険診療の自己負担額の2分の1の金額を助成 (1年間に6万円が上限)

人工授精

医療費の2分の1の金額を助成 (1年間に10万円が上限)

※医療保険の対象となる不妊治療と、人工授精、両方の助成を受ける場合、助成の合計額は1年間に10万円を上限とします。

医療保険の適用となる不育治療

保険診療の自己負担額の2分の1の金額を助成(1回の妊娠につき 10万円が上限)


医療保険の適用外の不育治療〈H29.4.1から〉

費用の2分の1の金額を助成(1年間に20万円が上限)


※保険診療外の検査、注射、投薬などを対象とします。

※入院、食事代は除きます。



申請条件

・治療を受けた日に舞鶴市に住民登録があること。
・申請日の1年以上前から京都府内に居住していること。
・申請期限は、診療日の翌日から1年以内。 
・人工授精は法律上の夫婦であること。

※4月1日から翌年3月31日までを1年間とします

申請方法

申請書と医療機関の証明書を担当窓口まで提出してください。

医療保険適用外の不育治療は領収書の添付も必要です。(領収書の返却を希望される場合はお申し出ください)

 (※用紙を印刷する場合はクリックしてください。)
窓口に来られた方の本人確認ができるもの(免許証等)も必要です。

お問い合わせ

舞鶴市役所福祉部保険医療課

電話: 0773-66-1003

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

福祉部保険医療課


不妊・不育治療費助成事業への別ルート