ページの先頭です
メニューの終端です。

平成29年 前立腺がん検診

[2017年4月1日]

ID:2662

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

前立腺がん検診

前立腺がん年々増加傾向

前立腺は男性だけにある臓器で、精液の一部となる前立腺液を分泌するなどの働きをもっています。
前立腺がんは、年齢とともに増加し、中高年の方に多いがんです。
検診では、血液検査でPSAという前立腺だけが作り出すたんぱく質の量を調べます。前立腺がんがある場合、がん細胞は多量のPSAを血液に放出するため、血液中のPSAの数値が高くなります。(前立腺肥大や炎症がある場合にもこの数値は高くなります。)
早期のうちに発見できれば、治療法の選択の幅も広く、完治する確率も高くなります。また、前立腺がんの中には、進行が緩やかと考えられるものもあるため、早期のうちに発見することで適切な治療をうける(過剰な治療を避ける)こともできます。「早期発見・適切な治療」のため、定期的に検診を受けましょう。


対象

舞鶴市に住民登録のある55歳以上の男性
(昭和38年3月31日以前生まれ)


内容

問診、血液検査(PSA)


実施期間・場所

今年度から、受診できる日が増えます!


集団検診として実施する日程で受けていただけます。

詳しくは、平成29年度 がん検診等日程表をご覧ください。