ページの先頭です
メニューの終端です。

風しんの予防接種にかかる接種費用の一部助成について

[2017年5月9日]

ID:2885

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

風しんの予防接種にかかる接種費用の一部助成について

妊娠初期の女性が風しんにかかると、「先天性風しん症候群」の赤ちゃんが生まれてくることがあります。舞鶴市では、先天性風しん症候群の発生の予防と風しんの流行拡大防止のため、次のとおり風しん予防接種に要する費用の一部を助成します。

下記をご覧のうえ、該当する方は、所定の方法で助成の申請をしてください。

助成の対象者

 舞鶴市に住民登録のある方で次のいずれかに該当する方


  1. 妊娠を希望する女性で、抗体検査の結果、抗体価が低い方
  2. 妊娠をしている女性の同居人で、抗体検査の結果、抗体価が低い方。ただし、妊娠をしている女性の抗体価が低い場合とする


ただし、以下の方は除きます。

 ・現在妊娠中または、その可能性のある方

 ・過去に風しんワクチンまたは麻しん風しん混合ワクチンを2回接種した方

 ・風しんにかかったことが明らかな方

助成対象となる接種期間

平成29年4月1日(土)~平成30年3月31日(土)

助成額

対象者1人につき1回、次に定める額を上限とし、償還払いします。

①麻しん風しん混合ワクチン  6,550円

 (生活保護世帯及び当該年度市民税非課税世帯は9,833円)

②風しんワクチン         4,200円

 (生活保護世帯及び当該年度市民税非課税世帯は6,307円)

※助成の対象となる費用は、予防接種にかかる費用のことです。

※抗体検査については、京都府において、府保健所及び実施医療機関にて無料で実施しております。

助成の申請期間

平成29年4月1日(土)~平成30年3月31日(土)

 ※舞鶴市から転出されると申請できませんので、転出前に手続きをしてください。

助成の申請方法

次の書類を持参のうえ、舞鶴市保健センターで申請してください。

  1. 接種したことがわかる領収書
  2. 風しんの抗体価が低いことがわかるもの(抗体検査の結果票、風しん抗体価が記載された母子健康手帳など)
  3. 被接種者の振り込み口座がわかるもの(通帳など)
  4. 印鑑
  5. 妊婦の同居者は、1~4に加え、妊婦の母子健康手帳、妊婦の抗体価の低いことがわかるもの、同居者であることがわかるもの(健康保険証、運転免許証など)

   ※妊娠をしている女性の同居者とは、基本的には配偶者(事実婚も含む)を想定していますが、父母、兄弟、祖父母などの親族も対象とします。

申請窓口

舞鶴市保健センター

(申請書は下記PDFファイルをダウンロードしていただくか、申請窓口にあります。)

その他

還付の時期は、申請した翌月の下旬頃になります。

舞鶴市風しん予防接種助成金交付申請書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

申請書記入例

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

平成29年度風しん予防接種協力医療機関一覧表

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

舞鶴市役所健康・子ども部健康づくり課(保健センター)

電話: 0773-65-0065

ファックス: 0773-62-0551

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

健康・子ども部健康づくり課(保健センター)