ページの先頭です
メニューの終端です。

事業活動から出るごみ

[2016年4月6日]

ID:618

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

農業・漁業、会社・商店など「事業活動から出るごみ」は市では収集しません。
※事業者は、その事業活動にともなって生じた廃棄物を自らの責任において適正に処理しなければなりません。(廃棄物の処理及び清掃に関する法律第3条)
※会社の前に自治会用の集積所があっても、また会社で自治会に加入していても集積所には出せません。

可燃ごみの処分方法

  • 一般廃棄物収集運搬業者(許可業者)へ収集を依頼するか(有料)、清掃事務所へ直接持ち込んでください。
  • 必ず清掃事務所への持ち込みルールを守ってください。
  • 産業廃棄物は持ち込めません。

可燃ごみ

お店から出た生ごみやお茶がらなどの厨芥類、敷地内の草木など

不燃ごみの処分方法

  • 不燃ごみは市で受け入れる施設はありません。
  • 販売店や専門業者、産業廃棄物処理業者などへ相談してください。

※リサイクルプラザへの直接持ち込みはできません。
※50センチ未満に分解しても収集しません。

不燃ごみ

  • 農業・漁業等で使用した農機具やマルチ、船の部品や網など。
  • 会社で従業員が飲んだ後の空缶・空びん・ペッとボトルなど。
  • 会社や商店で使用した電化製品や机・椅子などの粗大ごみ
  • その他、会社・商店、農業・漁業などの事業活動から出るごみ

紙類の処分方法

下記のいずれかの方法で処理してください。
  1. 3分別して清掃事務所へ直接持ち込む。
  2. 古紙再生業者へ収集を依頼する(直接持ち込みも可能)。
  3. 一般廃棄物収集運搬業者(許可業者)へ収集を依頼する。