ページの先頭です
メニューの終端です。

所得の計算方法

[2016年4月7日]

ID:669

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

所得金額の計算方法

 所得割の税額計算の基礎となるのは所得金額です。所得金額は、所得の種類に応じて前年の1月1日から12月31日までの収入金額から、その収入を得るために必要な経費などを差し引いて算定されます。
 なお、所得の種類は、所得税の場合と同様、次の10種類です。

所得の種類と計算方法
所得の種類所得金額の計算方法
1.利子所得
 公債、社債、預貯金などの利子
収入金額=利子所得の金額
2.配当所得
 株式の配当など
収入金額-株式などの元本取得のために要した負債の利子=配当所得の金額
3.不動産所得
 家賃、地代、権利金など
収入金額-必要経費=不動産所得の金額
4.事業所得
 事業をしている場合に生じる所得
収入金額-必要経費=事業所得の金額
5.給与所得
 サラリーマンの給料など
収入金額-給与所得控除額=給与所得の金額
6.退職所得
 退職金、一時恩給など
(収入金額-退職所得控除額)×1/2=退職所得の金額
7.山林所得
 山林の伐採や山林を売って得た所得
収入金額-必要経費-特別控除額=山林所得の金額
8.譲渡所得
 土地、家屋などの資産を売って得た所得
収入金額-資産の取得価額などの経費-特別控除額=譲渡所得の金額
(総合長期譲渡所得は1/2の額が課税対象です)
9.一時所得
 生命保険の満期返戻金、賞金など
収入金額-必要経費-特別控除額=一時所得の金額
(1/2の額が課税対象です)
10.雑所得
 年金など1~9以外の所得
次の1と2の合計額
1 公的年金等の収入金額-公的年金等控除額
2 1を除く雑所得の収入金額-必要経費
 

非課税所得

 下記のような所得は、収入金額の多少に関わらず非課税所得として区分され、個人の市・府民税の課税対象にはなりません。

主な非課税所得

  • 傷病者や遺族などが受け取る恩給、年金など
  • 損害保険金、損害賠償金、慰謝料など
  • 雇用保険失業給付金
  • 災害支援金、災害見舞金

お問い合わせ

舞鶴市役所総務部税務課

電話: 0773-66-1026(市民税係)0773-66-1027(資産税係)0773-66-1025(納税係)

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

総務部税務課