ページの先頭です
メニューの終端です。

申告と納付

[2016年4月7日]

ID:681

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

申告と納付

中間申告

 事業年度の期間が6ヵ月を超える法人は、(a)(b)いずれかの方法で、事業年度開始の日以降6ヵ月を経過した日から2ヵ月以内に、中間申告の提出および納付を行ないます。
 ただし、中間申告による納付額が10万円以下(前事業年度の法人税割額が20万円以下)の法人については、中間申告不要です。

(a)予定申告

 前事業年度の法人税割額・均等割額の6ヵ月分を申告および納付する方法。

 法人税割額=前事業年度の法人税割額×6/前事業年度の月数
 均等割額=均等割額の年額×算定期間中に事務所等を有していた月数/12

 ただし、税率変更に伴う経過措置により、平成26年10月1日以後に開始する最初の事業年度の予定申告における法人税割の計算は以下のとおりとなります。

 法人税割額=前事業年度の法人税割額 ×4.7/前事業年度の月数

 

(b)仮決算に基づく中間申告

 事業年度開始の日以降6ヵ月の期間を1事業年度とみなして仮決算を行い、申告および納付する方法。

 

確定申告

 事業年度終了の日の翌日から2ヵ月以内に、確定した決算に基づく法人税額から法人市民税額を算出し、確定申告の提出および納付を行います。既に中間申告にて納付済税額があれば、差額を納付してください。


※各種申告書様式については、京都地方税機構法人関係税ダウンロードページ(別ウインドウで開く)よりダウンロードしていただけます。

お問い合わせ

舞鶴市役所総務部税務課

電話: 0773-66-1026(市民税係)0773-66-1027(資産税係)0773-66-1025(納税係)

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

総務部税務課