ページの先頭です
メニューの終端です。

市府民税の申告について

[2016年4月7日]

ID:734

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

個人の市・府民税申告について

 1月1日現在で舞鶴市に住所のある人は、通常その年の2月16日から3月15日までに前年1年間の所得について、申告する必要があります。
 税の申告は、課税のための資料となるだけでなく、国民健康保険料・介護保険料の算定や、児童扶養手当・公営住宅の入居などの申請に必要なものとなりますので、下記に該当する人は必ず申告してください。

市・府民税申告が必要な人

 今年の1月1日現在、舞鶴市に住所のある人は前年中の収入等について市・府民税申告書を提出しなければなりません。
 前年に収入が無かった人でも、国民健康保険料・介護保険料の算定や、児童扶養手当・公営住宅等の判定資料となりますので、市・府民税申告の提出をしてください。

市・府民税申告が必要のない人

 下記の1.~4.に該当する人は市・府民税申告の必要はありません。

  1. 所得税の確定申告書を提出した人
  2. 前年の所得が給与収入のみで、勤務先から舞鶴市へ年末調整済みの「給与支払報告書」が提出されている人
  3. 前年の所得が公的年金等に係る雑所得のみの人で、年金の支払者から舞鶴市へ公的年金等支払報告書が提出されている人
  4. 前年に収入のなかった人で、同一世帯の人の税法上の扶養となっている人

※2、3に該当する人が、年末調整されていない生命保険料控除や医療費控除等の各種控除を受けようとする場合は、市・府民税申告をする必要があります。

お問い合わせ

舞鶴市役所総務部税務課

電話: 0773-66-1026(市民税係)0773-66-1027(資産税係)0773-66-1025(納税係)

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

総務部税務課