ページの先頭です
メニューの終端です。

介護保険料の納付について

[2016年4月11日]

ID:771

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

介護保険料の納付について

〇65歳以上の方の保険料   所得や課税状況によって異なります。


平成27年から29年までの介護保険料 段階区分一覧表
段階区分対象者 保険料(年額) 
 第1段階

生活保護受給者、老齢福祉年金の受給者で本人および世帯全員が市民税非課税の場合、本人および世帯全員が非課税で、本人の前年の公年金等収入金額と合計所得金額の合計額が80万円以下の場合等  

25,410円
 第2段階本人および世帯全員が市民税非課税で本人の前年の公的年金等収入金額と合計所得金額の合計額が80万円を超え120万円以下の場合等 38,110円
 第3段階

本人および世帯全員が市民税非課税で本人の前年の公的年金等収入金額と合計所得金額の合計額が120万円を超える場合等

41,290円
 第4段階世帯のだれかに市民税が課税されているが、本人は市民税非課税で、本人の前年の公的年金等収入金額と合計所得金額の合計額が80万円以下の場合等  53,990円
 第5段階世帯のだれかに市民税が課税されているが、本人が市民税非課税で、本人の前年の公的年金等収入金額と合計所得金額の合計額が80万円を超える場合等  63,520円
 第6段階本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が125万円以下の場合等 73,050円
 第7段階本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が125万円を超え200万円未満の場合等 79,400円
 第8段階本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が200万円以上400万円未満の場合等 95,280円
 第9段階本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が400万円以上600万円未満の場合等 104,810円
 第10段階本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が600万円以上800万円未満の場合等 114,340円
 第11段階本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が800万円以上の場合 127,040円
 

納付方法について

◆老齢・退職年金及び遺族年金・障害年金が年額18万円以上の人

 年金の定期支払い(2か月ごと)の際に、介護保険料があらかじめ差し引かれ、市に納付されます。

 老齢福祉年金・恩給は年金から差し引きできる対象年金になっていませんので、保険料は納付書か口座振替で納めていただきます。

◆老齢・退職年金及び遺族年金・障害年金が年額18万円未満の人

 市から送付する納付書か口座振替で、毎月納めていただきます。


口座振替が便利

 保険料の納付が遅れると、サービスを利用する際に制限を受けることがあります。

 納め忘れのない口座振替をできるだけご利用ください。


納付場所

 京都銀行 本店・各支店

 京都北都信用金庫 本店・各支店

 京都府信用漁業協同組合連合会 本所・舞鶴支店

 福邦銀行 東舞鶴支店・舞鶴支店

 京都丹の国農業協同組合 舞鶴市内の各支店

 近畿労働金庫 舞鶴支店

 京滋信用組合 舞鶴支店

 福井銀行 舞鶴支店

 ゆうちょ銀行・郵便局(近畿2府4県に限る)

 舞鶴市役所

お問い合わせ

舞鶴市役所福祉部高齢者支援課

電話: 0773-66-1013

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

福祉部高齢者支援課