ページの先頭です
メニューの終端です。

浄化槽の設置と維持管理について

[2017年6月29日]

ID:1120

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

浄化槽の設置と維持管理について

舞鶴市では、生活排水による公共水域の水質汚濁防止と快適で住みよい生活環境づくりのため、市内全域の水洗化を進めています。 その手法の一つが、し尿と生活雑排水(台所、洗濯、風呂の水など)を併せて処理する浄化槽です。

浄化槽とは

浄化槽は、公共下水道や集落排水施設などが整備されていない地域で各家庭に設置するもので、生活排水の汚れを9割以上除去します。これは、公共下水道と同レベルの性能で、未水洗化(汲み取り)の場合に比べ、放流水の汚れを約7分の1にすることができます。
浄化槽の処理能力

浄化槽を設置するときは~設置の届け出を

浄化槽を設置するときは、届け出が必要です。新築の場合と、現在使っている汲み取り便所の改造などで提出書類や提出先が異なりますので注意してください。

新築の場合

新築に伴う浄化槽の設置の場合は、建築確認申請に合わせて必要書類を京都府中丹東土木事務所(綾部市)に提出してください。
必要書類などのお問い合わせは、中丹東土木事務所建築住宅室(電話0773-42-8785)へ。

改造の場合

汲み取り便所から浄化槽に改造したり、既設の浄化槽を改造したりする場合は「浄化槽設置届」を生活環境課に提出してください(正本2部、副本(写し)1部)。

添付書類

(1)浄化槽設置届出書
(2)浄化槽法定検査(浄化槽法第7条及び第11条に規定する浄化槽の水質に関する検査)について、指定検査機関の検査実施の承諾を得たことを証する書面
(3)浄化槽処理対象人員算定書
(4)建物平面図
(5)付近見取図
(6)配置図(建築物、浄化槽、放流経路及び道路の位置を明示したもの)
(7)敷地区画割図(団地の場合に限る)
(8)浄化槽構造図(浄化槽法に基づく型式認定及び建築基準法に基づく型式適合認定を受けた浄化槽にあっては、当該認定書の写しを含む)
(9)浄化槽構造強度計算書(コンクリート製の浄化槽に限る)
(10)その他市長が必要と認める書類 ※浄化槽の人槽は住宅の延床面積から算定します。
浄化槽人槽算定表
地域  延床面積人槽 区分
都市計画法第7条第1項に規定する市街化区域  130平方メートル以下5人槽 
都市計画法第7条第1項に規定する市街化区域 130平方メートル超7人槽
上記以外の区域 170平方メートル以下5人槽 
上記以外の区域 170平方メートル超7人槽 
全地域二世帯住宅等(例:台所・浴室・トイレが2か所以上ある場合) 10人槽(ただし、建築主事(中丹東土木事務所)に判断を求めること)

浄化槽を使い始めたら~使用開始報告書

設置した浄化槽を使い始める場合は、「浄化槽使用開始報告書」を生活環境課に提出してください。使用を開始した日から30日以内の提出をお願いします。

添付書類

(1)浄化槽の保守点検と清掃に関する委託契約書の写し
(2)汲み取り便所の改造の場合は、最終汲み取り・浄化槽清掃届出書
(3)処理対象人員が501人以上の場合は、浄化槽技術管理者認定講習会修了証の写し

浄化槽管理者の義務~適正な維持管理を

浄化槽の機能を正常に維持し放流水の適正な水質を確保するため、浄化槽管理者には、浄化槽法により定期的な保守点検と清掃が義務づけられています。

保守点検

保守点検は、浄化槽の点検や機械の調整・補修、薬剤の補充を行います。
回数などについては浄化槽の種類により異なりますので、専門の業者に問い合わせてください。

清掃

清掃は、浄化槽内に溜まった汚泥の抜き出しや機械の洗浄などを行います。通常、年1回以上の実施が必要です。

清掃については、舞鶴市の許可を受けた事業者だけが実施できます。料金などは、各事業者に問い合わせてください。

舞鶴市内の浄化槽清掃業許可業者
事業者名 所在地  電話番号
 舞鶴厚生(株)舞鶴市朝来中815-6 0773-62-1484
 舞鶴保健興業(有)舞鶴市上安6500773-75-1506 
 (株)アクア舞鶴市伊佐津100 0773-75-2185

法定検査(水質検査)について

浄化槽の設置工事、保守点検・清掃が適正に実施され、浄化槽の機能が充分発揮されているか否かを確認するため、浄化槽管理者は、京都府知事に指定された指定検査機関(舞鶴市は社団法人京都保健衛生協会=京都市)が実施する法定検査(水質検査)を受検することとなっています。
  • 第7条検査…使用開始後3~8か月の間に1回実施する検査
  • 第11条検査…第7条検査実施後、毎年1回実施する検査

浄化槽管理者(技術管理者)が変更になったら~報告書の提出を

転居などで浄化槽を管理する人(501人槽以上のときは技術管理者も)が変わったときは、生活環境課に報告書を提出してください。
技術管理者の変更の場合は、浄化槽技術管理者認定講習会修了証の写しを添付してください。

浄化槽を使わなくなったら~廃止届

公共下水道への接続や住宅の取り壊しにより浄化槽の使用を廃止する場合は、最終清掃を行い、届出書を提出する必要があります。

最終清掃については、事前に浄化槽清掃の契約をしている許可業者に相談してください。

浄化槽使用廃止届出書に最終汲み取り・浄化槽清掃届出書を添付して、使用を廃止した日から30日以内に舞鶴市に提出してください。

提出先

公共下水道・集落排水施設に接続・・・上下水道部お客様サービス課 (排水設備等完工届に添付)

解体・・・生活環境課

お問い合わせ

舞鶴市役所 市民文化環境部 生活環境課
電話: 0773-66-1064 ファックス: 0773-62-9891
E-mail: kankyou@post.city.maizuru.kyoto.jp

組織内ジャンル

市民文化環境部生活環境課