ページの先頭です
メニューの終端です。

日本遺産に認定!

[2016年4月28日]

ID:1467

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

日本遺産に認定!

日本遺産のロゴ

本市のあゆみに大きな影響を与えた旧軍港市のストーリーが4月25日付けで「日本遺産」に認定されました。

 

認定ストーリー

「鎮守府 横須賀・呉・佐世保・舞鶴

       ~日本近代化の躍動を体感できるまち~ 」

 

日本遺産とは

文化庁が地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」として認定し,ストーリーを語る上で不可欠な魅力ある有形・無形の様々な文化財群を総合的に活用する取組みへの支援制度。平成26年度に制度が創設され,今回は2回目の募集となる。平成32年(2020年)までに全国で100件程度が認定される予定

 

 

ストーリーの骨子

○明治期の日本は、近代国家として海防力を備える必要があったため、国家プロジェクトにより天然の良港4か所(横須賀・呉・佐世保・舞鶴)に軍港を築き、鎮守府を置いた。

○静かな農漁村に人と先端技術が集まり、独自の都市形成の歩みの中で軍港都市が誕生し、日本の近代技術が育まれた。

○日本の近代化を推し進めた四市には、海軍由来の食文化もまちに浸透し、多種多様な数多くの近代化遺産とともに、躍動した往時の姿を体感できる。

本市の主要構成文化財

赤れんがパークパークの写真

舞鶴赤れんがパーク
(舞鶴旧鎮守府倉庫施設)
※常時公開

海上自衛隊舞鶴地方総監部施設の写真

海上自衛隊舞鶴地方総監部施設
・海軍記念館(旧海軍機関学校大講堂)
※土・日に一般公開

北吸配水池の写真

北吸配水池
(舞鶴旧海軍鎮守府水道施設)
※外観のみ公開

市道北吸・桃山線北吸トンネルの写真

市道北吸・桃山線北吸トンネル
(舞鶴旧海軍鎮守府軍港引込線北吸隧道)
※常時公開

日本遺産認定を受けて構成文化財マップを作成しました

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

今回、日本遺産の認定を受けた旧軍港4市(横須賀市・呉市・佐世保市・舞鶴市)では、共通のホームページを作成し、旧軍港市としての4市のあゆみや最新のイベント情報など、各種情報の発信を行っています。

http://www.kyugun.jp/index.html

今後は、日本遺産に関する4市の取り組みも随時掲載してまいります。

お問い合わせ

舞鶴市役所市民文化環境部文化振興課

電話: 0773-66-1019

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

市民文化環境部文化振興課