ページの先頭です
メニューの終端です。

市長の主な活動(平成26年12月)

[2016年4月14日]

ID:72

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

12月2日(火曜日)寝屋川市立北小学校の平和教育旅行受け入れ

平成26年12月の市長の活動の様子1

赤れんがパークで開催されている引揚記念館の特別展へ寝屋川市立北小学校の6年生が平和教育旅行で訪れました。
「このまちは、引き揚げの歴史資料をユネスコ世界記憶遺産に登録しようとがんばっています。これまで勉強してしたことをさらに理解し、平和の大切さを実感してほしいです。平和や幸せは努力しないとやってきません。ぜひ、こういった機会を受けて平和の尊さや、家族のありがたみ、幸せとはなにかを考えてください。これからも、平和であり続けるために皆さんと一緒に努力したいと思っています。」と歓迎しました。

(赤れんが4号棟)
【担当:引揚記念館】

12月5日(金曜日)ナホトカ市青少年レスリング訪問団が表敬訪問

平成26年12月の市長の活動の様子2

贈られた記念品を手に選手たちと記念撮影

姉妹都市・ナホトカ市(ロシア)のナホトカ市青少年レスリング訪問団が表敬訪問。「舞鶴市とナホトカ市は姉妹都市として半世紀以上に渡り多くの市民が交流してきました。今回はレスリング競技をされている皆さんが、舞鶴の子供たちに指導していただくと聞いており感謝します。皆さんの指導の成果が舞鶴のレスリングの発展につながると思います。また、今回の交流では、ぜひ多くの友人をつくってください」と述べました。
その後、舞鶴ちびっこレスリングクラブに通う子供たちと交流。一緒にレスリングの基本動作や投げ技の練習をしました。

(市役所本館)
【担当:みなと振興・国際交流課、スポーツ振興課】

12月7日(日曜日)市民綱引大会

平成26年12月の市長の活動の様子3
平成26年12月の市長の活動の様子4

毎年恒例の市民綱引大会が開催。「心を1つにして頑張ってください」とあいさつしました。大会には、小学生や一般参加のチームなど約900人が参加。参加チームが掛け声とともに力いっぱい綱を引くと、観客席からは大きな歓声が沸き起こりました。

(東体育館)
【担当:スポーツ振興課】

12月7日(日曜日)真壁地区ぜんざい祭

平成26年12月の市長の活動の様子5

真壁地区で開催された「ぜんざい祭」に出席。「今年も8月の集中豪雨により、農地が冠水し、水稲、小豆などに被害が発生しました。特に小豆の収量は一昨年と比べて約半分になったとお聞きしました。そのため、今年収穫された小豆は“根性大納言”と言われるそうで、今日は自然の恵みと皆さんのご労苦に感謝しながら参加させていただきます」とあいさつしました。
その後、地元で獲られた食材を使ったぜんざいやそば、おでんなどに舌鼓を打ちながら、参加された皆さんと楽しいひとときを過ごしました。
昨年は台風18号の影響により中止となり、今年は2年ぶりの開催となりました。

(真壁公民館)
【担当:農林課】

12月13日(土曜日)赤れんがステンドグラス2014点灯式

平成26年12月の市長の活動の様子6
平成26年12月の市長の活動の様子7

12月13日~25日、赤れんがパークで「赤れんがステンドグラス2014」が開催されました。赤れんが5号棟の窓をステンドグラスに見立て、色とりどりの光で空間を演出するもので、12月13日に行われた点灯式では、スイッチを入れ美しい光で赤れんがパークが照らされると、詰めかけた市民や観光客からは歓声が上がりました。

(赤れんがパーク)
【担当:文化振興課】

12月22日(月曜日)ユネスコ世界記憶遺産有識者会議

平成26年12月の市長の活動の様子8

舞鶴市ユネスコ世界記憶遺産有識者会議に出席。「引揚記念館のリニューアルや今後どのように資料を保存していくのかなど、ご意見をいただきたいと思います」とあいさつしました。
会議では、さまざまな観点から活発に意見が飛び交い、有意義な時間となりました。

(市政記念館)
【担当:文化振興課】

12月23日(火曜日)第33回市長杯・第38回南少杯バレーボール大会開会式

平成26年12月の市長の活動の様子9

市長杯・南少杯バレーボール大会の開会式に出席。「この大会は、南舞鶴スポーツ少年団の長年のご尽力で伝統ある大会と定着してきました。参加される皆さんは、これまでの練習の成果を十分に発揮し、勝利を目指して頑張ってください。そして、仲間との交流の輪を広げて欲しいと思います」とメッセージを送りました。
大会には、26チーム約220人が参加し、舞鶴東体育館と倉梯小学校の各会場で熱戦が繰り広げられました。

(東体育館)
【担当:スポーツ振興課】

12月24日(水曜日)市長定例記者会見

平成26年12月の市長の活動の様子10

市長定例記者会見を開催し、平成27年1月5日から本館1階に開設予定の「生活支援相談窓口」や「加佐地域と市街地を結ぶバスの運行等」について説明。また、「高浜の原発再稼働」について質疑応答を行いました。

生活支援相談窓口とは…福祉や生活相談、消費契約や多重債務など、市民から様々な相談を受け付けるもので、ワンストップで相談を受け付け、関係する部署と寄り添いながら支援を行っていくものです。

(301会議室)
【担当:広報広聴課】

12月28日(日曜日)年末特別警戒で消防団を激励

平成26年12月の市長の活動の様子11
平成26年12月の市長の活動の様子12

12月28日~30日の3日間、年末年始の火災予防の強化を図るため年末特別警戒を実施。28日に西消防署館内(11団)、29日に東消防署館内(9団)の各消防団を巡視し、「全国で地震や火災、火山噴火などの災害が起こっています。その中でも、消防団は地域に精通し本当に重要な役割を担っています。市としても、地域の防災の要である皆さんが活動しやすい環境となるよう努めていきます」と激励しました。

【担当:消防本部】

お問い合わせ

舞鶴市役所市長公室広報広聴課

電話: 0773-66-1041

ファックス: 0773-62-7951

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

市長公室広報広聴課