ページの先頭です
メニューの終端です。

市長の主な活動(平成26年8月)

[2016年4月14日]

ID:170

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

8月3日(日曜日)「海フェスタ京都閉会式」に出席

平成26年8月の市長の主な活動1

熊本市の牧副市長に海フェスタ旗を引き渡す

7月19日~8月3日の16日間にわたり舞鶴市を中心に府北部5市2町で開催した海の祭典「海フェスタ京都」の閉会式に出席。「近畿地方の日本海側で初めての開催となった「海フェスタ京都」は、秋篠宮同妃両殿下のご臨席を賜り、所期の目的の「海の日」本来の意義を再確認し、多くの人々の往来による地域間交流が図られ、開催市の活性化に大きく寄与できたと考えております。国、府をはじめ多くの皆さまから多大なるご支援を賜りましたことに対しまして改めて感謝申し上げます」とあいさつしました。
その後、来年開催地の熊本市の牧副市長に海フェスタ旗を引き継ぎました。
海フェスタ京都では期間中、約134万人もの来場者が訪れ、成功裡に幕を下ろしました。
(総合文化会館)

【担当:企画政策課】

8月4日(月曜日)人権強調月間街頭啓発に参加

平成26年8月の市長の主な活動2

市民に啓発用ちらしを手渡し

8月の人権強調月間にちなみ、市民の皆さんに人権の大切さや尊さを呼びかけ意識の高めてもらうため、一人ひとりに啓発用のちらしを手渡し、人権の大切さを訴えました。
(JR東舞鶴駅前、らぽーる前)

【担当:人権啓発推進室】

8月4日(月曜日)舞鶴市水防協議会を開催

平成26年8月の市長の主な活動3

開会のあいさつ

舞鶴の水防計画について協議する舞鶴市水防協議会を開催。「昨年に襲来した台風18号では、住宅の全半壊や家屋の床上浸水のほか、道路や河川、農地が甚大な被害を受けました。市としても、この経験を生かしあらゆる広報手段を活用して、災害から市民の生命や財産を守るため、国や府との連携を一層強化して行きたいと考えています」とあいさつしました。
水防計画の審議が行われた後、京都府大野ダム総合管理事務所の講演「ダム役割と台風18号の防災操作」が行われました。
(議員協議会室)

【担当:消防本部】

8月6日(水曜日)夏の交通事故防止府民運動街頭啓発活動

平成26年8月の市長の主な活動4

ドライバーに交通安全を呼びかける

夏の交通事故防止街頭啓発活動を実施。「山や海への行楽イベントで多くの人が訪れ、交通事故も多発する時期です。訪れる皆さんに交通ルールのマナーを呼びかけ、事故を減らしていきましょう」とあいさつしました。
その後、道行くドライバーや観光客に啓発グッズを配り、交通安全と事故の防止を呼びかけました。
(道の駅 舞鶴港とれとれセンター)

【担当:市民相談課】

8月6日(水曜日)消防団退職者に感謝状を贈呈

平成26年8月の市長の主な活動5

感謝状を贈呈

今年度に退職された消防団員の皆さんに感謝状を贈呈。式典で「これまでの活動についてお礼を申し上げます。地域を災害から守るためには消防団が必要不可欠です。市としても皆さんが活動しやすいよう環境づくりに努めます。今後は応援団としてご協力をお願いします」とあいさつしました。
(市政記念館)

【担当:消防本部】

8月8日(金曜日)"太平洋の白鳥"帆船「日本丸」の寄港歓迎式典に出席

平成26年8月の市長の主な活動6

乗組員に歓迎のあいさつ

海フェスタ京都の関連事業として練習帆船「日本丸」が昨年に引き続き京都舞鶴港へ寄港。歓迎式典で「京都舞鶴港への寄港を心から歓迎します。国内外での航海訓練でご苦労もあるかと思いますが、滞在中は舞鶴を存分に楽しんでください」とあいさつしました。
日本丸は13日まで滞在し、出港時は甲板に整列する「登舷礼」を披露してくれました。
(京都舞鶴港西港)

【担当:みなと振興・国際交流課】

8月21日(木曜日)国民健康保険運営協議会を開催

平成26年8月の市長の主な活動7

開会のあいさつ

国民健康保険事業について議論する舞鶴市国民健康保険運営協議会に出席。冒頭で「医療費が年々増加し、社会保障制度の安定維持には財政基盤の強化が必要です。市におきましても基金を活用していますが、3年続けて保険料を増加しなければならない厳しい財政状況です。本日は国保事業の安定化の取り組みに向け、積極的なご意見ご提案をいただきたいと思います」とあいさつしました。
(市役所別館)

【担当:保険医療課】

8月22日(金曜日)男女共同参画審議会に参加

平成26年8月の市長の主な活動8

開会式であいさつ

男女共同参画審議会の第1回会議に出席。開会式で「市では今年7月に舞鶴市男女共同参画推進条例を施行しました。この条例に基づいて、本市の男女行動参画社会の実現のために率先して取り組み、今後あらゆる施策の展開に結び付けていきます」とあいさつしました。
この日は、舞鶴市の男女共同参画の取り組みや、「(仮称)舞鶴市DV対策基本計画」策定に向けて審議・諮問が行われました。
(議員協議会室)

【担当:人権啓発推進室】

8月23日(土曜日)舞鶴市青少年非行防止推進市民大会と青少年善行表彰式に参加

平成26年8月の市長の主な活動9

記念撮影の様子

舞鶴市青少年非行防止推進市民大会を開催。その後、社会生活・教育・文化などの面で顕著な善行があった青少年に対する善行表彰式が開催され、倉梯小学校児童会と城南中学校生徒会の2団体を表彰しました。
表彰式では「今回表彰を受けられたみなさんの活動が後輩たちに受け継がれていくことを願っています」とお祝いの言葉を述べました。
(中総合会館)

【担当:子ども支援課】

8月24日(日曜日)舞鶴日本赤十字病院東館の竣工式と内覧会に出席

平成26年8月の市長の主な活動10

式典であいさつ

舞鶴赤十字病院東館の竣工式に出席。式典で「西地区の基幹病院として救急医療を担っていただいているとともに、人道・博愛の精神の下、地域や市民に対し多大な貢献をいただいております。これからも医療機構と一体となり、地域医療がより充実するよう支援してまいります」とあいさつしました。
また、式典後は内覧会に参加。回復期リハビリテーション病棟やリハビリテーションセンター、府緊急時放射線検査施設などを見学しました。
(舞鶴赤十字病院)

8月27日(水曜日)京都府女性の船の参加者を激励

平成26年8月の市長の主な活動11

和やかな雰囲気の中で意見交換

9月5日~8日に実施される「第34回京都府女性の船」の参加者と過去の参加者で構成する「ステップあけぼの」舞鶴支部の代表者が市役所を訪問。「今回のプログラムに参加することで経験を積んで、ステップあけぼのへの参加はもちろん今後の活動やまちづくりに生かしてください」と参加者を激励しました。
参加者は参加動機や豊富を述べたほか、日頃感じていることなどについて意見交換をしました。
京都府女性の船は、地域づくりやNPO活動などに関心のある女性に学習・交流の機会を提供し、ネットワークの構築を図り、男女共同参画による豊かな京都府づくりを目指す目的に府が実施している事業です。
(市役所本館)

【担当:人権啓発推進室】

8月27日(水曜日)共楽少年野球クラブが市長表敬訪問

平成26年8月の市長の主な活動12

選手に囲まれて笑顔で記念撮影

第31回西日本学童軟式野球大会で準優勝をした共楽少年野球クラブが市長を表敬訪問。「この大会で準優勝を果たしたことは胸を張ってよいことだと思います。また、練習したり試合に行けたりするのはお父さん、お母さん、地域の人、監督・コーチのおかげです。これからも感謝の気持ちを忘れず頑張ってください」とあいさつしました。
その後、選手は「舞鶴の大会以上に実力が出せた」「一人ひとりの力が出せた」など、大会での感想を話してくれました。
(市役所本館)

【担当:スポーツ振興課】

お問い合わせ

舞鶴市役所市長公室広報広聴課

電話: 0773-66-1041

ファックス: 0773-62-7951

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

市長公室広報広聴課