ページの先頭です
メニューの終端です。

市長の主な活動(平成27年1月)

[2016年4月14日]

ID:232

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

1月5日(月曜日)仕事始めにあたり職員に訓示

平成27年1月の市長の活動の様子1

新年の仕事始めにあたり、職員に「平成27年度は、舞鶴市が大きく飛躍するターゲットイヤー。新しい年度が始まるまでの残り3か月間で、昨年度に実施した事業を再確認し、今後何をすべきかを考え、部と課を超えた全職員が一丸となってしっかり取り組むことを希望します。そして、市民の皆さまが舞鶴がよい所だと再認識していただき、このまちに誇りを持ち、若者がこのまちで住み続けたいと思う『ふるさとづくり』をしなければならない」と訓示しました(市政記念館)。

【担当:企画政策課】

1月11日(日曜日)消防出初式

平成27年1月の市長の活動の様子2

市民会館で消防出初式を開催。「一昨年の台風18号、昨年の台風11号や集中豪雨などで毎年のように被害が発生しています。そのような中、被災直後から人命救助や安全確保などの防災活動に従事いただいた消防団員や職員のみなさんには感謝申し上げます。市としても災害から得た教訓を心に刻み、市民のみなさんと連携し地域防災力の充実強化に取り組みます」とあいさつしました。
式典後は、海上自衛隊舞鶴音楽隊を先頭に市内の各消防団や婦人消防隊、東・西少年消防クラブ、市消防職員ら約1,000人による分列行進と消防車両32台による一斉放水が行われました(西地区)。

【担当:消防本部】

1月12日(月曜日)まいづる「歴史遺産」フォーラム

平成27年1月の市長の活動の様子3

市政記念館で開催された「まいづる「歴史遺産」フォーラム」に出席。「舞鶴には赤れんが倉庫群を始めとした近代化遺産やユネスコ世界遺産登録を目指す「引き揚げ資料」など誇るべきタカラモノがたくさんあります。本市に暮らす私たちが「ふるさと舞鶴」を愛し、歴史や文化・風土の素晴らしさを広く配信して、舞鶴の魅力に磨きをかけていきましょう」とあいさつしました。
この後、日本観光振興協会常任理事の丁野さんと舞鶴市世界記憶遺産有識者会議副会長で東京国立博物館総務部長の栗原さんによる基調講演とパネルディスカッションが行われました(市政記念館)。

【担当:文化振興課】

1月14日(水曜日)都市計画見直し基本方針検討会議からの報告

平成27年1月の市長の活動の様子4

舞鶴市都市計画見直し基本方針検討会議から中間報告書がまとめられ、報告書を受け取りました(中会議室)。

【担当:都市計画課】

1月16日(金曜日)消防団審議会から答申を受ける

平成27年1月の市長の活動の様子5

舞鶴市消防団審議会から「舞鶴市消防団のあり方に関する答申書」を受け取り、「地域のコミュニティーが希薄になっている昨今、消防団の存在はますます重要です。また、自分や家族の命は自分たちで守るという「自助・共助」の教育を大切にし、郷土愛を守っていきたいと思います」とあいさつしました。
この答申書は、昨年10月から消防団員の確保のあり方や地域事情・社会情勢を踏まえた消防団員の配置のあり方、消防機械器具の装備強化や機動力の確保のあり方など幅広く議論を行ってきたものです(301会議室)。

【担当:消防本部】

1月17日(土曜日)ユネスコ協会の絵画展・作文展の合同表彰式

平成27年1月の市長の活動の様子6

舞鶴ユネスコ協会が主催の「第15回  絵で伝えよう!わたしのまちのたからもの絵画展」と「第16回地球社会に生きる小中学生作文」の合同表彰式に出席。「今回の絵画作品には舞鶴の金剛院や赤れんがパークなど、市民が大切にしている宝物が描かれており、また作文ではきれいなまちを守るためにはみんなの力が大切であるという思いが伝わってきました。これからも絵画や作文と併せて、勉強やスポーツにも積極的に挑戦してこれからの舞鶴を担ってください」とあいさつしました(西総合会館)。

1月19日(月曜日)四都市冬季大会結団式

平成27年1月の市長の活動の様子7

四都市体育大会冬季大会・府民総体市町村対抗駅伝競走大会の選手団の結団式に出席。「この冬季大会は四都市大会の先陣をきる大会です。今年は総合優勝が勝ち取れるように頑張ってください。また、府民総体は現在暫定2位です。なんとか1位を取ってほしいと願っています。チーム一丸となって頑張ってください」と激励しました(東体育館)。

【担当:スポーツ振興課】

1月20日(火曜日)全国大会出場者の報告

平成27年1月の市長の活動の様子8

1月末に行われる「第23回全国高等学校文化連盟将棋新人大会」に出場する西舞鶴高校の梅原爽加さんと「第8回全国高等専門学校英語プレゼンテーションコンテスト」に出場する舞鶴高専の荒木亮さん、安藤直也さん、藤井希帆さんから報告を受けました。「日ごろの練習の成果を発揮して、正々堂々と精一杯頑張ってきてください。そしてこれからの取り組みの糧になることをたくさん学んできてください」と激励しました。
全国大会に出場する皆さんは、「今回の大会では一生懸命頑張りたい」などと意気込みを語ってくれました(301会議室)。

【担当:文化振興課】

1月20日(火曜日)舞鶴市レスリング協会クラブハウスを訪問

平成27年1月の市長の活動の様子9

舞鶴市レスリング協会が新たに設置した練習場を訪問。「市内に複数の練習施設があることは子どもたちにとっても良いことだと思います。選手の皆さんが熱心に練習に取り組む姿と、それを支える保護者の皆さんの姿が指導者たちの元気につながります。市としても舞鶴がレスリングのまちになるよう支援していきたいと思っています」とあいさつしました。
また、全国大会出場を控えている選手には「緊張するかもしれませんが、練習の成果を発揮してきてください」とエールを送りました(上安)。

【担当:スポーツ振興課】

1月23日(金曜日)韓国・浦項市青少年訪問団の歓迎式

平成27年1月の市長の活動の様子10
平成27年1月の市長の活動の様子11

韓国・浦項市の青少年訪問団が舞鶴を訪問。市政記念館で行った歓迎式で「ようこそ舞鶴にお越しいただきました。訪問団の皆さんには韓国とは違った生活習慣や文化など、ありのままの日本を肌身で感じていただき、そうした経験を生かして舞鶴市と浦項市、そして、日本と韓国を結ぶ架け橋となっていただきたいと思います」と歓迎しました。
また、ホームステイ先のホストファミリーとなった市民との対面式も行われ、訪問団の子ども達は少し緊張した様子で交流しました(市政記念館)。

【担当:みなと振興・国際交流課】

1月29日(木曜日)大連市旅遊局代表団が表敬訪問

平成27年1月の市長の活動の様子12

友好都市・大連市(中国)の大連市旅遊局代表団が表敬訪問。「舞鶴市と大連市は、1982年に友好都市を提携して以来、教育・文化・スポーツ・水道技術など幅広い交流を展開し、信頼関係を築いてきました。今後両市が人流を拡大し、相互理解をさらに深めていくためにも観光を軸にした交流は非常に重要と考えています」と歓迎しました。
王団長は、「クルーズ客船での観光交流だけでなく、人間ドックなどの医療分野でも交流を深めていきたい」と話してくれました(特別応接室)。

【担当:みなと振興・国際交流課】

1月30日(金曜日)シティマネジメント計画基本方針の中間報告

平成27年1月の市長の活動の様子13

シティマネジメント検討会議(委員長:尾上亮介・舞鶴高専教授)から同市の中心市街地の再生に向けたシティマネジメント計画基本方針の中間報告を受け、「地域の状況や性格、気質などをしっかり把握して、より積極的で具体的な方針内容を明確にした方針を示していきたいと思っています」とあいさつしました。
その後、尾上教授と中心市街地の利用や地方創生について意見交換を行いました(特別応接室)。

【担当:都市計画課】

お問い合わせ

舞鶴市役所市長公室広報広聴課

電話: 0773-66-1041

ファックス: 0773-62-7951

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

市長公室広報広聴課