ページの先頭です
メニューの終端です。

市長の主な活動(平成27年4月)

[2016年4月14日]

ID:263

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

4月1日(水曜日)新規採用職員に辞令交付

平成27年4月の市長の活動の様子1

平成27年度の新規採用職員に辞令を交付。「市役所の業種はサービス業です。市民が顧客であり、顧客に対して働きやすい住みやすい環境を提供しなければなりません。常に現状を理解し、地域の課題や市民のニーズを専門家となって分析し、いかに効率よくコスト意識とスピード感を持って仕事ができるよう心がけ、目標を達成するために一緒に頑張りましょう」と訓示を述べました。
(市政記念館)

【担当:人事室】

4月2日(木曜日)西大浦バス出発式に出席

平成27年4月の市長の活動の様子2

西大浦協議会が更新した自主運行バスの出発式に出席。「自主運行バスはなくてはならない地域の足です。家族でこのまちに住み続けようとするためには、交通の利便性が重要であり、今後も地域の皆さんの重要な足として発展することを願っています」とあいさつしました。
(瀬崎地区)

【担当:企画政策課】

4月3日(金曜日)ポーツマス市訪問青少年英語研修団の帰国報告

平成27年4月の市長の活動の様子3

ポーツマス市訪問青少年英語研修の参加者が市役所を訪れ、帰国報告を受けました。「皆さんが無事に帰国し、元気に報告に来てくれたことを嬉しく思います。広い視野で世界を見るということを忘れずこれからもいろいろなことにチャレンジしていってください」とエールを送りました。
生き生きとした表情で研修での思い出や感想を述べる参加したみなを見ると、出発前よりも顔つきが変わったように感じられ頼もしく思いました。
(市役所本館)

【担当:みなと振興・国際交流課】

4月4日(土曜日)ジュニアクイーンズカップレスリング選手権大会

平成27年4月の市長の活動の様子4
平成27年4月の市長の活動の様子5

カデット・ジュニアの日本代表選考会を兼ねたジュニアクイーンズカップレスリング選手権大会が行われました。開式では「今日は最高のコンディションで試合に挑んで、これまでの練習の成果を発揮してください。そして、将来はオリンピックや世界大会などで活躍する選手が出ることを願っています」とあいさつしました。
同大会には全国42都道府県から128クラブ約400人のレスラーが参加。また、開会式には同大会で優勝経験のある吉田沙保里さんも激励に訪れました。
(文化公園体育館)

【担当:スポーツ振興課】

4月11日(土曜日)舞鶴YMCA国際福祉専門学校の校舎改修完成式と開校式

平成27年4月の市長の活動の様子6

舞鶴YMCA国際福祉専門学校の校舎改修完成式と開校式に出席。「全国平均以上に高齢化が進み、介護福祉人材の育成・確保が喫緊の課題となっている京都府北部地域において、実績ある京都YMCA学園が本市に専門学校の開校を決断いただいたことはとてもありがたいことです。市としましても、京都府北部地域における介護福祉人材はもとより国際感覚豊かな観光人材の育成・確保に向けてできる限り支援していきたいと思います」とあいさつしました。
(舞鶴YMCA国際福祉専門学校)

【担当:福祉企画課】

4月13日(月曜日)国際交流員の鄒(すう)さんが着任

平成27年4月の市長の活動の様子7

友好都市・大連市(中国)から文化・経済交流などの橋渡し役として国際交流員の鄒悦(すうえつ)さんが着任、辞令を交付しました。
鄒さんは「舞鶴の人たちと仲良くなって、大連の人たちに舞鶴の良さを伝えたい」と決意を述べました。
鄒さんは、平成28年4月までの1年間、舞鶴市国際交流員として大連市との友好都市交流の活動やみなと振興活動、舞鶴市民との交流活動を行います。
(特別応接室)

【担当:みなと振興・国際交流課】

4月14日(火曜日)クルーズ船ロストラルが寄港

平成27年4月の市長の活動の様子8

ポナン社(仏国)のクルーズ船「ロストラル」が、昨年10月以来、半年ぶりに京都舞鶴港に寄港しました。
歓迎式典では、「港の周辺には、城下町や赤レンガパーク、天橋立、伊根の舟屋など、多くの魅力的な観光地があります。また、舞鶴市には丹後とり貝、サワラ、天然岩ガキなどの豊富な魚介類や、京の伝統野菜などの特産品もたくさんあります、ぜひ満喫してください。」と述べました。
グルメ船として有名な「ロストラル」で、これらの食材をお客様に提供してほしいと船長らに呼びかけました。
(ロストラル船内)

 【担当:みなと振興・国際交流課】

4月17日(金曜日)雇用対策協議会総会

平成27年4月の市長の活動の様子9

雇用対策協議会の総会に出席。「市では、「活力あるまちづくり」を進めるため、ものづくり技術や地域資源を生かしながら、将来にわたってまちを支えるリーディング産業の創出や既存企業の設備投資拡大支援に取り組んでおり、市内企業の育成や支援を一層強化し、地域経済の活性化や雇用の安定・創出に取り組んでまいりたいと考えています。」とあいさつしました。
(市役所別館)

【担当:企業立地・雇用促進課】

4月19日(日曜日)君よ生きてプレビュー公演

平成27年4月の市長の活動の様子10

戦後70年、海外引揚70周年の記念事業である音楽劇「君よ生きて」の舞鶴公演チケット販売開始に合わせたプレイベントに出席。「この記念事業は、ユネスコ世界記憶遺産登録を応援する会などとして支援いただくなど、まさに引き揚げ当時のごとく、まちぐるみで実施されるものです。7月の舞鶴公演を皮切りに全国公演が始まるため、引き揚げの史実や舞鶴の先人の温かい歓迎の歴史を広く伝えていきます」とあいさつしました。
(赤れんが2号棟)

【担当:引揚記念館】

4月22日(水曜日)京都府北部地域連携都市圏形成推進宣言署名式

平成27年4月の市長の活動の様子11

京都府北部5市2町の首長が一同に集まり、「京都府北部地域連携都市圏形成推進宣言」の署名を行いました。
式典では、「京都府北部地域を1つの都市圏として考え、全体で30万人のまちを元気にするとの熱い思いで連携を強め、地方創生という大きな目標を実現できるように取り組んでいきます」とあいさつしました。また、同形成推進協議会が発足。会長に選ばれました。(任期2年)
(サンプラザ万助:福知山市)

【担当:企画政策課】

4月23日(木曜日)「海の京都博」共同記者会見

平成27年4月の市長の活動の様子12
平成27年4月の市長の活動の様子13

7月~11月に北部5市2町(舞鶴市、福知山市、綾部市、宮津市、京丹後市、伊根町、与謝野町)の魅力を発信する「海の京都博」の共同記者会見に出席。
多くのマスコミ関係者が集まる中、概要が発表されました。
この日は、舞鶴市で開催する「まいづるまち博」や「海軍ゆかりのまち歩きツアー」などまいづるならではのイベントをPRしました。

【担当:観光商業課】

4月24日(金曜日)加佐地域農業農村活性化センターを開設

平成27年4月の市長の活動の様子14

加佐地域の活性化を図る「舞鶴市加佐地域農業農村活性化センター」を大庄屋上野家内に開設。
式典で「近年スローライフや田舎暮らしを希望する若者が都会では増えていると聞いており、同センターでは空家の掘り起こしや農地の貸し借り、農業体験自然体験を通じて賑わいを作っていきたいと考えています。今後、市外から若者や退職後の方々が来られて、子どもたちの笑い声が聞こえてくる元気な地域にしていきたいと思います」と述べました。
(大庄屋上野家)

【担当:農林課】

4月24日(金曜日)高機能消防指令システム披露会

平成27年4月の市長の活動の様子15
平成27年4月の市長の活動の様子16

高機能消防指令システム披露会に出席。「システムは高機能であっても、それを操作し扱うのは人。操作を十二分に習熟し、通報者の気持ちをくみ取って対応し、市民の安全・安心をしっかりと守ってください」とあいさつしました。
同システムは、平成22年度から整備を進めていた消防救急無線のデジタル化に伴い全面改修したもので、最新の情報通信技術を駆使して、119番通報の受信から災害地点の特定や出動指令などが自動で迅速・的確に行うことができます。
(東消防署・防災センター)

【担当:消防本部】

4月24日(金曜日)四都市体育大会の舞鶴市選手団結団式

平成27年4月の市長の活動の様子17

第62回四都市体育大会春季大会の舞鶴市選手団結団式に出席。「舞鶴市の代表である誇りを胸に、心を一つにして、友好と親睦を深めてください。また、持てる力を存分に発揮し、総合優勝を目指してください」と激励しました。
大会は、18種目で競われ、総勢454人の舞鶴市選手団が臨みました。
(市政記念館)

【担当:スポーツ振興課】

4月26日(日曜日)第86回舞鶴地域メーデー

平成27年4月の市長の活動の様子18

第86回舞鶴地域メーデーに出席。「地域経済の振興を図るためには、働く人たちの雇用を守り、消費を維持し、内需の拡大につなげていくことが重要です。京都縦貫自動車道が全線開通する今年度はターゲットイヤーであり、この好機を存分に生かし、このまちで生まれ育った若者が働き、住み続けられる環境づくりを行います」とあいさつしました。
(前島みなと公園)

【担当:企業立地・雇用促進課】

4月28日(火曜日)大連国際マラソン

平成27年4月の市長の活動の様子19

出場される選手の皆さんと

5月9日に姉妹都市・大連市(中国)で行われる大連国際マラソンに出場する選手が市役所を表敬訪問。「大連市とは1982年に姉妹都市提携を行い、今年で33年目。これまでから教育・文化、スポーツと長年交流をしてきました。今回もぜひ友好を重ねて行ってきてください。そして練習の成果を出して楽しんできてください」と激励しました。
(市役所本館)

【担当:スポーツ振興課、みなと振興・国際交流課】

お問い合わせ

舞鶴市役所市長公室広報広聴課

電話: 0773-66-1041

ファックス: 0773-62-7951

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

市長公室広報広聴課