ページの先頭です
メニューの終端です。

市長の主な活動(平成24年12月)

[2016年4月14日]

ID:299

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

12月28日(金曜日)年末特別警戒で消防団を激励

平成24年12月の市長の活動の様子1

活動する団員を激励

12月28日~30日の3日間、年末年始の火災予防の強化を図るため年末特別警戒を実施。28日に西消防署館内(11団)、29日に東消防署館内(9団)の各消防団を巡視し、「皆さんの活動があってこそ市民の皆さんが安心して新年を迎えることができます。近年、災害は多様化・複雑化し消防団に対する期待も大きくなっています。市としても、地域の防災の要である皆さんが活動しやすい環境となるよう努めていきます」と激励しました。
【担当:消防本部】

12月28日(金曜日)仕事納めで訓示

平成24年12月の市長の活動の様子2

訓示を述べる

平成24年の仕事納めにあたり幹部職員145人に対し「各人で1年を振り返ってよかったことはさらに発展させ、悪かったことはリセットして立て直す作戦を考えてください。舞鶴市の大きなビジョンを実現するため、みんなで一致団結していきましょう」と訓示を述べました。(市政記念館)
【担当:企画政策課】

12月21日(金曜日)舞鶴市制施行70周年記念事業検討市民会議からの提言書を受領

平成24年12月の市長の活動の様子3

提言書を受け取る

 舞鶴市制施行70周年記念事業検討市民会議(メンバー9人)から、市民提案のあった市制施行70周年記念事業について、協議を行い取りまとめた提言を受けました。
市長は、「70周年という節目の年に実施するのにふさわしい事業について、熱心に議論いただきありがとうございます。まちを元気にしていくためには、市民と行政が一体となって取り組んでいくことが必要であると考えています。皆さんには、今後ともご協力をお願いします」と述べました。
市では提言を踏まえ、市制施行70周年の実施事業について検討していきます。(301会議室)
【担当:企画政策課】

12月20日(木曜日)暴力団排除措置に関する協定書の締結式

平成24年12月の市長の活動の様子4

協定書を交わす

来年1月1日の「舞鶴市暴力団排除条例」の施行に合わせ、暴力団排除措置に係る市と舞鶴警察署の連携・協力に関する協定書を締結しました。
市長は、「暴力団は行政や事業活動、市民の生活に不当な影響を与える存在であり、社会全体で暴力団の排除を一層推進していかなくてはなりません。市と舞鶴警察署がお互いに連携を図りながら協力することは重要であり、協定書の締結は大変意義深いものであると思います」と述べました。
金子舞鶴警察署長は、「市が先進的な内容の条例を制定されたことを好機に暴力団排除の機運が一層高まると思います。市との連携をさらに図り、暴力団排除の取り組みを強化していきたいと思います」とあいさつしました。(301会議室)
【担当:市民相談課】

12月19日(水曜日)京の伝統野菜 佐波賀だいこん食文化振興研究会設立総会に出席

平成24年12月の市長の活動の様子5

締結後に記念撮影

佐波賀だいこんの良さを広く発信し、地域の活性化につなげることを目的に「佐波賀だいこん食文化振興研究会」が発足。設立総会に出席しました。
「関係者の皆さんの熱意と支援で、佐波賀だいこんを復活させる取り組みが始まり、今年で3年目を迎えました。地域に住む人が、そこにあるものの価値を見直し大切にすることが地域の活性化につながると思います」と述べました。
今後は、関係機関と連携し佐波賀だいこんの味と舞鶴の風土を広く情報発信していきます。(市政記念館)
【担当:農林課】

12月19日(水曜日)JICAシニア海外ボタンティアが表敬訪問

平成24年12月の市長の活動の様子6

派遣国について歓談

JICAシニア海外ボランティアとしてモロッコに赴任する本市在住の中村禮子さんの表敬訪問を受けました。
中村さんは、モロッコ北部タンジェ市の高等国際観光学院で日本料理の技術指導を行うため、来月8日から2年間派遣されます。
市長は、「2度目のモロッコでのボランティア活動と聞いています。風土の違うところなので、健康に気をつけて頑張ってきてください。元気に帰国された際には、海外での経験を日本の若者に教えていただきたいです」と激励しました。
中村さんは「税金を使ってボランティアとして活動させてもらうので、帰国したら日本社会に還元していくことも1つの仕事だと思っています。現地ではできることを一生懸命やってきます」と抱負を述べました。(応接室)
【担当:みなと振興・国際交流課】

12月14日(金曜日)年末特別警戒 合同青色パトロール出発式

平成24年12月の市長の活動の様子7

パトロールメンバーを激励

府・市および舞鶴防犯推進委員協議会の合同パトロール出発式に出席。
「合同パトロールの実施は、安心・安全なまちづくりを進める上で防犯上とても効果的なものであり、今後の活動にもより弾みがつくものと思っています。暗い中での活動ですが、どうか事故のないよう気をつけてください」と激励しました。その後、17台の青色防犯パトロール車は、年末の街頭犯罪防止のため、舞鶴警察署東庁舎前を一斉に出発しました。(舞鶴警察署東庁舎前)
【担当:市民相談課】

12月6日(木曜日)ナホトカ市少年バレーボール訪問団 市長を表敬訪問

平成24年12月の市長の活動の様子8

訪問団と記念撮影

舞鶴市とナホトカ市(ロシア)の姉妹都市交流の一環として、ナホトカ市から少年バレーボール訪問団(13人)が来鶴し、市長を表敬訪問しました。
市長は、「舞鶴市とナホトカ市は姉妹都市協定を結んで以来50年の歴史があります。両市はさまざまなスポーツ交流をしていますが、特に青少年のスポーツ交流は両市や両国の関係を深める上で大事だと思います。
皆さんは同年代の舞鶴の子どもたちと言葉は通じなくてもバレーボールを通じてお互い交流し、ぜひとも親友を作ってください」と述べました。
団長のポドコリトワ会長は「舞鶴にお招きいただきありがとうございました。両市の子どもたちが積極的に交流事業に参加しているのは喜ばしいことです」とあいさつしました。
(第1委員会室)
【担当:みなと振興・国際交流課】

12月1日(土曜日)第27回「櫻田記念」全日本9人制実業団選抜男女優勝大会に出席

平成24年12月の市長の活動の様子9

開会式で歓迎のあいさつ

平成24年12月の市長の活動の様子10

白熱したプレー

第27回「櫻田記念」全日本9人制実業団選抜男女優勝大会(日韓国際親善交流試合)が舞鶴市で開催されました。
開会式で「ようこそ舞鶴にお越しいただきました。選手の皆さんは日頃の練習の成果を存分に発揮され、悔いのないプレーを繰り広げていただき、お互いの親睦も深められ、思い出深い大会となることを願っています」と歓迎しました。
その後、会場は熱気に溢れるプレーと観客の声援で盛り上がりました。(文化公園体育館、東体育館)
【担当:スポーツ振興課】

お問い合わせ

舞鶴市役所市長公室広報広聴課

電話: 0773-66-1041

ファックス: 0773-62-7951

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

市長公室広報広聴課