ページの先頭です
メニューの終端です。

市長の主な活動(平成27年10月)

[2016年4月13日]

ID:370

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

10月7日(水曜日)舞鶴高専の全国大会出場者を激励

平成27年10月の市長の活動の様子1

プログラミングの説明を受ける

10月11、12日に開催される全国高等専門学校プログラミングコンテストに出場する舞鶴高専のプログラマーズコミュニティ部の生徒が市役所を訪れました。
同校の生徒から、出場作品の説明や大会への意気込みを聞いた後、文化振興奨励金を手渡し「ぜひ、みんなの力を結集して、いい結果を出してください」とエールを送りました。(市役所本館)

【担当:文化振興課】

10月9日(金曜日)舞鶴市優秀スポーツ賞特別賞の授与

平成27年10月の市長の活動の様子2

賞状とトロフィーを手渡す

8月23日~29日にチェコで開催された世界大会「SUPER BALL 2015」のダブルルーティーン部門で優勝した舞鶴市出身のフリースタイルフットボールチーム「ALEG-Re(アレッグ)」の山本佳史さん(右)と守島裕二さん(左)に「舞鶴市優秀スポーツ賞特別賞」を贈りました。二人からボールを操る楽しさや競技としての難しさ、世界大会の様子などを伺いました。
また、夕方に行われた二人の祝賀会では、世界一位を獲得した演技を披露してもらいました。(市役所本館、赤れんが5号棟)

【担当:スポーツ振興課】

10月10日(土曜日)引揚記念館収蔵資料のユネスコ世界記憶遺産登録

平成27年10月の市長の活動の様子3

市民の皆さんと記念撮影

平成24年から取り組んできた、引き揚げやシベリア抑留に関する所蔵資料が、ユネスコ世界記憶遺産に登録されました。この瞬間を、支援いただいた市民の皆さんや関係者の皆さんと共にすることが出来ました。
発表後の会見では、「世界記憶遺産への登録を新たなスタートとして、本市から引き揚げの史実の継承と平和への願いの発信を進めるという使命を改めて強く感じました」と述べました。(引揚記念館)

【担当:文化振興課】

10月10日(土曜日)戦後70年・海外引揚70周年平和祈念式典

平成27年10月の市長の活動の様子4

冒頭にてあいさつ

戦後70年・海外引揚70周年平和祈念式典を開催。
式典で、「今年は戦後70年を迎える年です。引き揚げのまちである本市にとっては、海外引揚70周年を迎える年でもあります。今後も、世界の恒久平和への祈りや、引き揚げ当時、困っている人に手を差し伸べた舞鶴市民の『優しさの精神』を子ども達と共有していかなければなりません。引き揚げのまちとして、世界へそして未来へ向けて、史実の継承と共に平和の尊さ、を発信し続けることを約束します」と述べました。
式典には、舞鶴の次代を担う多くの子ども達も含めた約650人が参加。舞鶴から未来に向けて平和への祈りを捧げました。(総合文化会館)

【担当:文化振興課】

10月12日(月曜日)赤れんがハーフマラソンを開催

平成27年10月の市長の活動の様子5

選手が一斉にスタート

今年で3回目となる舞鶴赤れんがハーフマラソン2015を開催しました。
開会セレモニーのあいさつで「自衛隊基地内も走ることのできる、舞鶴ならではのコースで、秋の景色も楽しみながら走ってください」と激励。その後、全国から集まったランナーが一斉にスタートし、爽やかな秋の舞鶴市内を駆けめぐりました。(赤れんがパークほか)

【担当:スポーツ振興課】

10月24日(土曜日)休日急病診療所開所式

平成27年10月の市長の活動の様子6

開所式でテープカット

昨年度から整備を進めていた「舞鶴市休日急病診療所」が完成し、開所式に出席しました。
この診療所は、休日の診療を担う公的3病院(舞鶴医療センター・舞鶴共済病院・舞鶴赤十字病院)の医師の負担を軽減するため、舞鶴医師会の協力のもと開設したものです。
式典では、「今後も診療日の拡充などに努め、地域医療を守り、更なる充実向けた取り組みを進めます」とあいさつしました。(舞鶴医療センター敷地内 舞鶴休日急病診療所)

【担当:健康づくり・地域医療課】

10月25日(日曜日)舞鶴総合防災訓練

平成27年10月の市長の活動の様子7

訓練後に講評を行う

大規模地震の発生を想定した「舞鶴総合防災訓練」を実施しました。訓練に参加したのは、海上自衛隊、陸上自衛隊、舞鶴海上保安部、舞鶴警察署、舞鶴市消防、舞鶴市消防団などの防災機関をはじめ、災害応援協定締結機関、自主防災組織、市民の皆さまなど24機関・団体、約700人。
訓練終了後の講評で、「どの訓練種目も機敏で統率がとれた実践的な防災訓練となりました。災害はいつどこで発生するか予測不能です。
今後、災害対応力の充実・強化と併せ、関係機関との連携をより強化なものにするとともに、自助・共助の取り組みを進め、市民の皆さまの安全・安心の確保を図ってまいります。」と述べました。(海上自衛隊舞鶴教育隊ほか)

【担当:危機管理・防災課】

10月26日(月曜日)護衛艦ひゅうがの艦長報告

平成27年10月の市長の活動の様子8

記念楯の寄贈を受ける

海上自衛隊の護衛艦「ひゅうが」が米国との共同訓練のための約3か月間の航海を終えて帰国。岡田岳司艦長が市役所を訪れ、訓練内容などの報告を受けました。
訓練の様子や艦の話を興味深く聞き、長い航海の労をねぎらいました。(市役所本館)

【担当:企画政策課】

お問い合わせ

舞鶴市役所市長公室広報広聴課

電話: 0773-66-1041

ファックス: 0773-62-7951

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

市長公室広報広聴課