ページの先頭です
メニューの終端です。

市長の主な活動(平成24年4月)

[2016年4月13日]

ID:409

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

4月27日(金曜日)東舞鶴駅北口市有地土地利用に係る覚書などを締結

平成24年4月の市長の活動の様子1

覚書などに署名

東舞鶴駅北口市有地土地利用事業者選定委員会(角野幸博・委員長)において選定された優先交渉権者であるジェイアール西日本不動産開発株式会社(近藤隆士・代表取締社長)と「事業実施に向けた基本事項を定めた覚書」および「施設建設等に要する期間中の土地使用に関する契約」を締結しました。
締結に際し「東舞鶴駅北口は、本市の顔となる場所でまちづくりを進めるにあたり重要な土地として位置付けています。これを契機に今後、ますます魅力あふれたまちづくりに努めていきます」と述べました。(市役所本館)
【担当:都市計画課】

4月27日(金曜日)国際交流員の孫(そん)さんが着任

平成24年4月の市長の活動の様子2

辞令を交付

友好都市の大連市(中国)から、文化・経済交流などの橋渡し役として、国際交流員の孫立娣(そんりつてい)さんが着任(任期は1年間)。
辞令を交付し「これまで大連市から多くの交流員の方が来られました。大連市と舞鶴市の友好関係を築くことや舞鶴の皆さんに中国について知っていただくことが主たる目的の中で、これまでの活動だけにとらわれることなく、時代の変化に合わせて新たにやりたいことがあれば、ぜひチャレンジしてください」とあいさつしました。(市役所本館)
【担当:みなと振興・国際交流課】

4月26日(木曜日)榎配水池竣工式に出席

平成24年4月の市長の活動の様子3

竣工式であいさつ

更新工事を進めていた「榎配水池」(余部上)が完成。竣工式で「水は生活に欠かせないものであり、より安定した水道水の供給を目指して、耐震性を高めて災害に備えるなど、この事業を進めてきました。今後も安心・安全・安定した水の供給に努めていきます」とあいさつしました。
【担当:水道建設課】

4月24日(火曜日)四都市体育大会春季大会舞鶴市選手団結団式に出席

平成24年4月の市長の活動の様子4

選手宣誓を受ける

5月13日(日)に宮津市で開催される四都市体育大会春季大会の舞鶴市選手団結団式に出席。「四都市体育大会は市民の体力向上と都市間の親睦・友情を深めるために開催されますが、やはり勝負です。技術面はもとよりスポーツマンシップにおいて、3市をリードしようという気持ちで、総力を挙げて優勝を勝ち取ってください」と熱いエールを送りました。(市政記念館)
【担当:スポーツ振興課】

4月24日(火曜日)白糸中学校竣工式を開催

平成24年4月の市長の活動の様子5

新校舎前でテープカット

平成20年より進めていた白糸中学校改築事業が終了し竣工式を実施しました。式典で「この校舎は、少人数教育や武道など教育内容・教育方法の変化に対応し、地域に開けたコミュニティ機能があります。これからこの校舎で学ぶ生徒の皆さんはこのすばらしい環境のもとで、しっかり学び、身体を鍛え、充実した学校生活を過ごしてください」と式辞を述べました。
式典終了後、校門前でテープカットを行い完成を祝いました。(白糸中学校)
【担当:教育総務課】

4月23日(月曜日)文化庁長官表彰の表彰状授与式が開催

平成24年4月の市長の活動の様子6

文化庁長官表彰を受賞

地域資源や文化、芸術を活用したまちづくりを進める市町村として、平成23年度文化庁長官表彰(文化芸術創造都市部門)を舞鶴市が府内で初めて受賞。表彰状授与式が開催されました。
授与式で近藤誠一・文化庁長官は「魅力ある文化創造都市として発展することを祈念します」とあいさつ。それに対し、「受賞を糧として、今後さらに市民の皆さんと協力・連携しながら文化を生かしたまちづくりを進めていきます」と応えました。(市政記念館)
【担当:文化振興課】

4月6日(金曜日)国際交流員の石鑫さんが離任

平成24年4月の市長の活動の様子7

今後の抱負を述べる石鑫さん

友好都市・大連市(中国)から、文化・経済交流などの橋渡し役として活動してきた舞鶴市国際交流員の石鑫(せきしん)さんが、離任。
辞令を交付した後、「舞鶴で知り合った市民の皆さんとの絆を大切にしながら、舞鶴市と大連市の橋渡し役として活躍されることを期待しています」とあいさつしました。(市役所本館)
【担当:みなと振興・国際交流課】

4月4日(水曜日)化学消防ポンプ自動車配置式

平成24年4月の市長の活動の様子8

新型化学消防ポンプ自動車を見学

地域の防災体制の充実を図るため、東消防署に化学消防ポンプ自動車(I型)を更新しました。配置式で「地域の皆さんの安全で安心な生活を確保するのはわれわれ行政の責務です。東日本大震災以降は市民の皆様の防災・消防に対する関心が高く、第一線で働く消防職員の期待が高くなっています。その責務の重要性を再認識し、より一層の精励をお願いします」と述べました。(市政記念館)
【担当:消防本部】

4月2日(月曜日)新規採用職員に辞令交付

平成24年4月の市長の活動の様子9

辞令を交付

平成24年度の新規採用職員に辞令を交付。「市役所はいろいろな分野の専門集団です。市民のニーズを専門家として分析し、いかに効率よく、コストとスピード感を持って仕事ができるかが問われます。常に時代の風を感じながら『今、何が求められているのか』『今、何をすべきなのか』を自問自答しながら仕事に取り組んでください。また、市民の要望やご意見に対しては、市役所の中にいては適切な対応はできません。現地・現場に問題解決の糸口があります。また、舞鶴が誇れる宝物や舞鶴ブランドを見つけ育てるためには、原石として潜んでいる現地・現場に出向いて発掘してください」と訓示を述べました。(市政記念館)
【担当:職員課】

お問い合わせ

舞鶴市役所市長公室広報広聴課

電話: 0773-66-1041

ファックス: 0773-62-7951

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

市長公室広報広聴課