ページの先頭です
メニューの終端です。

市長の主な活動(平成28年2月)

[2016年4月15日]

ID:1308

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

市長の主な活動(平成28年2月)

2月2日(火曜日)水道事業審議会から答申

答申書を受け取る市長

答申書を受け取る

 舞鶴市水道事業審議会(9人)から「水道料金のあり方」の答申が提出されました。
 答申を受け、「適正な料金体系となるよう努め、今後も安心で安全な水を将来にわたって安定的に、市民の皆さんにお届けできるよう取り組んでいきます」と述べました。
 答申では、「水道事業会計は人口減少や節水型機器の普及などで水道使用量が減少する厳しい経営環境である。健全な事業運営を行いつつ、財政見通しに基づく収入を確保し、財政収支を見据えた適正な料金設定が必要である」とされました。
(市役所本館)

【担当:水道部業務課】

2月5日(金曜日) 第2回舞鶴市みらい戦略推進会議

舞鶴市の地方創生の現状を紹介する市長

舞鶴市の地方創生の現状を紹介

 舞鶴市みらい戦略推進会議を開催。冒頭に、舞鶴市の地方創生に係る現状について説明しました。
 また、講師として財務省理財局国有財産業務課長の橋本徹氏を迎え、「国有財産行政の現状と将来に向けた課題」をテーマに、国有財産の有効活用について講演いただきました。
(市政記念館)

【担当:企画政策課】

2月5日(金曜日)舞鶴市国民健康保険運営協議会委員の委任

国民健康保険事業について意見を交わす市長

国民健康保険事業について意見を交わす

委任状を手渡す市長

委任状を手渡す

 市の国民健康保険(国保)事業に関する事項について協議や建議、報告をする国保運営委員協議会の委員に木戸口慎一さんと野村鶴子さんを委任しました(任期は2年)。委任状を手渡し「年齢層にあった国保料のバランスをとることは難しく大事なこと。みんなで考えていかないといけません。市民の代表として市民目線で意見をいただきたいと思います」と述べました。
(特別応接室)

【担当:保険医療課】

2月7日(日曜日)舞鶴市少年・少女バレーボール大会

あいさつする市長

選手たちにエールを送る

 舞鶴みなとライオンズクラブ主催の第28回舞鶴市少年・少女バレーボール大会に出席。開会式で「チーム一丸となり、バレーで鍛えた力を出し切ってください。また、試合の合間には、他のチームの選手との交流も深め、将来にわたって良き仲間として共に成長してくれることを願っています」とエールを送りました。
 同大会は、市内の小学生を対象に開催。11団体18チームが参加し、熱戦が繰り広げられました。
(文化公園体育館)

【担当:スポーツ振興課】

2月19日(金曜日)舞鶴市政策づくり塾「地域公共活動報告会」

報告の発表がおこなわれている

熱のこもった活動報告

塾生に講評をする市長

塾生に講評を行う

 市民と市職員が共に政策づくりについて学ぶ「政策づくり塾」4期生による地域公共活動報告会が行われ、講評で「行政が直面している人口減少や幼児教育の問題点について考察し、実際に活動された内容で素晴らしい発表で、刺激やヒントをいただきました」と述べました。
 報告は3班に分かれ、発表がありました。取り組みはそれぞれ「~舞鶴Uターン大作戦~」「よみかたり~隊 -かぞくでたのしむ絵本のよみきかせ-」「happyくりーん大作戦!!~恋する舞鶴赤れんが~」でした。
(市政記念館)

【担当:企画政策課】

2月26日(金曜日)地(知)の拠点大学による地方創生推進事業 2015フォーラム

生徒と質疑応答をする市長

舞鶴高専の生徒から質問を受ける

 舞鶴高専からCOC(センター・オブ・コミュニティー)プロジェクトで取り組んできた「教育」「研究」「社会貢献」の3分野について発表がありました。
 フォーラムの中で、「舞鶴版地方創生には、工学の専門的な知識、技術を持った舞鶴高専の生徒たちの力が必要となることから、地元産業のリーダーとして活躍する人材を期待しています」と述べました。
(市政記念館)

【担当:企画政策課】

2月26日(金曜日)「舞鶴市政策づくり塾」の修了式

集合写真を撮る

塾生全員で記念撮影

生徒に終了書を手渡しする

終了書を手渡す

 舞鶴市政策づくり塾の修了式に出席し、参加した塾生の皆さんに修了証を手渡しました。その後の懇談会で「皆さんが企画・立案した「高校生向け冊子の作成」や「婚活・読み聞かせイベント」では、率先して取り組まれ、その行動力に感動しました。塾生のスピリッツが市職員と市民に浸透したと思います。今年一年、皆さんが培った絆と学んだ経験を生かして行動の輪を広げてください」と述べました。
(市役所本館)

【担当:企画政策課】

2月27日(土曜日) 土屋総務副大臣と「京都府北部地域連携都市圏形成推進協議会」意見交換会

赤れんがパークで記念撮影をする様子

赤れんがパークで記念撮影

5市2町の首長と意見交換会を行う様子

土屋副大臣と意見交換する5市2町の首長

 舞鶴21ビルにおいて、京都府北部5市2町の首長と土屋副大臣との意見交換会が開催されました。
 協議会会長として、北部地域の歴史的なつながり、豊かな自然と観光資源、6000億円規模の製造品出荷額という高い産業ポテンシャル、高速道路網の完成による利便性の向上、海上安全の拠点であることや大規模災害時におけるリダンダンシー機能の確保として、本地域が重要な拠点になることを伝えました。
(赤れんがパーク、舞鶴21ビル)

【担当:企画政策課】

お問い合わせ

舞鶴市役所市長公室広報広聴課

電話: 0773-66-1041

ファックス: 0773-62-7951

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

市長公室広報広聴課