ページの先頭です
メニューの終端です。

市長の主な活動(平成28年4月)

[2016年5月17日]

ID:1454

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

4月1日(金曜日)新規採用職員に辞令交付

平成28年度の新規採用職員に辞令を交付。「高速自動車道のネットワーク化の完成と京都舞鶴港の機能強化などで人の流れと物の流れが劇的に拡大し、本市にとって最大のチャンスが訪れています。新入職員の皆さんには、①常に市民目線で考える②情報の収集と発信③専門知識・専門技術の高めるの3つのポイントを押さえて、気合を入れて若者らしく柔軟な発想で仕事に取り組んでください」と訓示を述べました。
(市政記念館)

【担当:人事室】

4月2日(土曜日)舞鶴YMCA国際福祉専門学校入学式

舞鶴YMCA国際福祉専門学校の入学式に出席。「京都府北部にはさまざまな病院があり、多くの介護施設も存在しています。また、舞鶴市は観光ブランド戦略に基いて、観光産業の振興にも積極的に取り組んでいるので、卒業後も皆さんが本市で活躍されることを期待しています」とエールを送りました。
(舞鶴YMCA国際福祉専門学校)

【担当:福祉企画課】


4月2日(土曜日)青井バス出発式

出発式に参加した青井地区の皆さんと記念撮影

新しくなった青井校区バス「ししょのうら号」の出発式に出席。「平成16年度、汽船事業の廃止以降、バスの運行は学童の通学や地域の皆さんの生活の足として、重要な交通手段となっています。これからも安全運行のもとで地域交通の確保と地域活性化が図られることを願っています」と述べました。
出発式には地域の人々約80人が出席し、バスの出発を見送りました。
(青井地区白杉車庫前)

【担当:企画政策課】

4月4日(月曜日)ポーツマス市訪問青少年英語研修参加者が帰国報告

3月19日~28日に姉妹都市ポーツマス市(英国)を訪問していた青少年英語研修参加者9人が、帰国報告のため市役所を訪れ、「いろいろな人たちへの感謝の気持ちを忘れずに、今回の経験を家族や友人に伝えてください。また、英語の習得に加えてもう一つ得意なものを身に付けて将来活躍してほしいと思っています」と述べました。
参加者からは「自分の気持ちを伝えるのは難しいと思った」「バスの乗り方もマスターしたので市長を市内案内できます」「コミュニケーションを取るのが難しかったが、自分なりに伝えようとすると相手も理解してくれようとしてくれた。自らコミュニケーションを取ろうという気持ちになった」など、感想や抱負を話してくれました。(市役所本館)

【担当:みなと振興・国際交流課】

4月8日(金曜日)川上力三氏の寄贈作品除幕式に出席

優秀スポーツ少表彰式ので受賞者との記念写真

陶芸家の川上力三氏(京都市)の寄贈作品「門(GATE)」の除幕式を開催。冒頭で「川上先生の作品を設置できたことで、市民の皆さんが一流の芸術作品に触れることがでるようになり、心の豊かさを満たしてくれる海辺の散策路となりました。心より感謝を申し上げます」と述べました。

(前島みなと公園)

【担当:文化振興課】

4月12日(火曜日)海上自衛隊舞鶴教育隊の入隊式

海上自衛隊舞鶴教育隊の入隊式に出席。あいさつで、「皆さんが日本の平和と限りない繁栄を願って、海上自衛隊に入隊されましたことは、誠に頼もしく、その情熱と強い使命感に対し、心からの敬意を表します。次の世代を担う立派な海上自衛官となってください。心から応援します」と式辞を述べました。
(海上自衛隊舞鶴教育隊)

【担当:企画政策課】

4月15日(金曜日)国際交流員の孫 亜南(スン ヤナン)さんが着任

友好都市の大連市(中国)から、文化・経済交流などの橋渡し役として、国際交流員の孫亜南(スン ヤナン)さんが着任(任期は1年間)。辞令を交付しました。辞令を受け取った孫さんは「日本人の礼儀正しさや環境保護に対する熱心な姿勢を学びたいです」と意気込みを語ってくれました。

(市役所本館)

【担当:みなと振興・国際交流課】

4月17日(土曜日)クラシックカーフェスティバル

1970年代までに生産されたクラシックカーが一堂に会する「クラシックカーフェスティバル」が開催され、アルファロメオやトヨタ、日産などの国内外の車が約110台集まりました(チームヤマモト主催)。また、美しさなどを競うコンクールデレガンスが行われ、特別賞として市長賞を授与しました。
(赤れんがパーク)

【担当:観光商業課】

4月21日(木曜日)海上自衛隊練習艦隊が入港

練習艦隊の入港出迎行事に出席し、「ようこそ舞鶴へお越しくださいました。ここ舞鶴で滞在される間、本市の歴史や風情、温かい人情に触れていただきたいと思います」と歓迎しました。
舞鶴には練習艦「かしま」ほか艦艇3隻が入港。式典には、幹部候補生191人をはじめ総勢約700人の隊員の皆さんが出席しました。
(自衛隊北吸桟橋)

【担当:企画政策課】

4月22日(金曜日)北陸新幹線京都府北部ルート誘致の懸垂幕披露式

北陸新幹線京都府北部ルート誘致の懸垂幕披露式を開催しました。冒頭で「北陸新幹線京都府北部ルートは日本海側国土軸の形成に極めて重要で、国の発展には必須です。金沢から大阪京都へ行くまでの、いかに重要な所を早く結ぶかが国の国益にもなります。北部5市2町と地域の皆さんが一丸となって京都北部ルートの実現に向けて頑張りたいと思います」と述べました。
また式には、昭光幼稚園の園児26人が駆け付け、ハト型の風船を空に向かって飛ばしました。
(市役所玄関前)

【担当:企画政策課】

4月25日(月曜日)「日本遺産」認定

本市のあゆみに大きな影響を与えた旧軍港市のストーリー「鎮守府 横須賀・呉・佐世保・舞鶴~日本近代化の躍動を体感できるまち~」が「日本遺産」に認定されました。
同日に会見を開き「日本の文化・伝統を語るストーリーとして日本遺産の認定が決まりました。市としても、『世界記憶遺産』と『日本遺産』の二つのブランドを活用して、本市を国内外に強力にアピールしていきます」と述べました。
また翌日に行った懸垂幕の披露式では市民や関係者200人が集まり、日本遺産の認定を祝いました。
(赤れんがパーク、市役所本館前)

【担当:文化振興課、観光商業課、企画政策課】

4月28日(木曜日)京都府立大学の地域貢献型研究に関する市長報告

平成25年度から市内の歴史資料の調査をされていた京都府立大の地域貢献型研究の報告書を東准教授と上杉准教授から受け取りました。調査内容は、「舞鶴幼稚園所蔵資料」「堂奥・多門院・和田地区地域」「古地図調査の成果」「街道調査の成果」「石造物調査の成果」の5点。調査報告書は「京都府立大学文化遺産業書」第11集として刊行され、東・西図書館で閲覧できます。
(市役所本館)

【担当:文化振興課】

4月29日(金曜日=昭和の日)舞鶴地域メーデー

第87回舞鶴地域メーデーに出席。「地域経済の振興を図るためには、働く人たちの雇用を守り、消費を維持し、内需の拡大につなげていくことが重要です。長年培われてきた「ものづくり技術」などの地域資源を生かしながら、既存の産業と将来にわたってまちを支えるリーディング産業の創出・発展に積極的に取り組み、このまちを一層元気にしたいと思います」とあいさつしました。
(赤れんがパーク)

【担当:企業立地・雇用促進課】

お問い合わせ

舞鶴市役所市長公室広報広聴課

電話: 0773-66-1041

ファックス: 0773-62-7951

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

市長公室広報広聴課


市長の主な活動(平成28年4月)への別ルート