ページの先頭です
メニューの終端です。

市長の主な活動(平成28年5月)

[2016年6月2日]

ID:1636

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

5月1日(日曜日)消防団長退職辞令交付式および消防団長任命式

消防団長退職辞令交付式
消防団長任命式

 4月30日をもって消防団を勇退された6人の団長へ退職辞令を交付。「長年にわたり、地域の安全・安心のためにご尽力いただきましたことに厚くお礼を申し上げますとともに、これまでのご労苦に対し、心から感謝いたします」と述べました。

 また、本年度より、新たに6人を消防団長として任命。「消防団は地域住民の生命と財産を災害から守る崇高な使命のもと、安全・安心のまちづくりに多大なる貢献をいただいています。平成28年度からは小型動力ポンプの機動力化を図ってまいります。消防団の最高幹部として市政のさまざまな分野での活躍に期待しています」と訓示しました。
(赤れんが2号棟)

【担当:消防本部】

5月4日(水曜日)第33回つつじまつり

第33回つつじまつりが開催され、式典で「平成28年度は、さらなる躍動に向けた「行動元年」と位づけ、まちづくりの推進に努めていきたい。そのためには、つつじまつりのような地域に根差した行事は、人の絆をより強くするとともに、活力あるまちづくりに大きく貢献するものです。市としてもこのような活動を積極的に支援し活力あるまちづくりを取り組んでいきます」と述べました。
(東舞鶴公園)

【担当:観光商業課】

5月9日(月曜日)北陸新幹線京都府北部ルート誘致促進同盟会総会

北陸新幹線京都府北部ルート誘致促進同盟会総会

 北陸新幹線京都府北部ルート誘致促進同盟会(会長:多々見舞鶴市長)の第2回総会に出席。冒頭のあいさつで「新幹線のルート選定において、速達性と建設費だけの議論が先行する場合がありますが、日本海側と太平洋側の都市がしっかりと連携できるルートにすることが将来の日本の国益につながります。北陸新幹線敦賀以西ルートは、国の調査実施後、早ければ年内に決定されると聞いています。残された時間は多くありませんが、同盟会が一丸となって取り組んでいきましょう。」と述べました。総会では、政府与党幹部、地元選出国会議員などへの要望活動の実施や予算などについて審議されました。
(商工観光センター)

【担当:企画政策課】

5月10日(火曜日) 政策づくり塾開塾式

 今回で5期目となる舞鶴市政策づくり塾の開塾式に出席。「舞鶴には良いところがたくさんあり、皆さんには地域に誇りと愛着を持ってほしいです。市民塾生は行政の考え方や施策の進め方など、職員塾生は地域に入って市民とともに考えることなどを学び、実践してください。後日、塾生の皆さんとの懇談会の機会もあるので皆さんの思いや考えが聞けることを楽しみにしています」とあいさつしました。
 今年度の塾生は、市民8人、市職員7人。来年3月まで13回程度の活動を予定しています。
(赤れんが3号棟)

【担当:企画政策課】

5月11日(水曜日)谷垣幹事長に北陸新幹線京都府北部ルート誘致実現に向けた要望書を提出

北陸新幹線京都府北部ルート誘致実現を目指す府北部5市2町の誘致促進同盟会(会長:多々見舞鶴市長」が谷垣自民党幹事長をはじめ、政府与党幹部や地元選出国会議員などへ要望書を提出しました。
日本海側国土軸を形成し国土の均衡ある発展を促進するため、日本海側の重要都市を通る府北部ルートの早期実現の必要性を伝えました。
(国会議事堂)

【担当:企画政策課】

5月13日(金曜日)消防救助選抜会

消防士の救助選抜会が東消防署で実施。開式で、「災害発生したらいち早く現場へ出動するのは消防職員であり、皆さんの果たす役割は極めて大きいです。しかし自分自身の安全の確保も大事。体力と技術・知識を身につけ、強い精神力を養ってください。それこそが市民の生命と身体を守ることにつながります」と述べました。
この後、選抜された消防職員が「はしご登はん」や「ロープブリッジ救出」などのの種目で日ごろの訓練の成果を発揮しました。
(東消防署・防災センター)

【担当:消防本部】

5月18日(水曜日)「京都府女性の船」の参加報告

女性が地域や職場で活躍するため身近な課題を学び、仲間づくりをする「京都府女性の船」の参加者報告があり、「ぜひ、さまざまな先輩方のアドバイスや経験などを聞いていただき、帰ってきたときはその経験をもとにさらにリーダーシップをとって活躍してほしいと思っています」と激励しました。
舞鶴からは10人が参加。6月10日(金)~13日(月)に北海道で研修が行われます。
(市役所本館)

【担当:人権啓発推進室】

5月18日(水曜日)第48回両丹地区園児大会

第48回両丹地区園児大会に参加。開会式で「今日は、たくさんの友達が集まってくれました。みんなで仲良く元気いっぱい体操したり、一緒に歌を歌ったりしながら、楽しい想い出を作ってください。また、新しい友達を作ってください。」とあいさつしました。
この日は、府北部の私立幼稚園から約500人が集まり、楽しいひとときを過ごしました。
(文化公園体育館)

5月19日(木曜日)臨時部長会で熊本地震派遣職員の活動報告

熊本地震派遣職員による活動報告を実施。被災建築物応急危険度判定(2人)や現地のボランティアセンターでの業務支援(4人)に取り組んだ職員の報告を受けました。
報告を受けて、「経験したことをまとめておいて、もしもの時に役立てれるようにしたいと思います。遭いたくないですが、災害のときはとにかく初動が大事。急性期の一番大変なときこそどう動くべきかシュミレーションしておくべきだと思う」と述べました。
(市役所本館)

【担当:危機管理・防災課】

5月20日(金曜日) 第1回舞鶴市子ども・若者支援会議

第1回舞鶴市子ども・若者支援会議を開催。あいさつの中で、「善悪の判断をもち自らを律する『自律』と、自らが行動を起こす『自立』を兼ね備えた子どもたちの育成を推進していきます」と述べました。
同会議は、これまでは年代別・内容別に分けて設置していた「子ども・子育て会議」「青少年問題協議会」「少年補導センター運営協議会」「青少年善行表彰被表彰者選考委員会」を統合し、幼少期からの健全育成に加え、若者への対策や貧困対策などに総合的に検討・推進を行っていくものです。
(赤れんが2号棟)

【担当:子ども支援課】

お問い合わせ

舞鶴市役所市長公室広報広聴課

電話: 0773-66-1041

ファックス: 0773-62-7951

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

市長公室広報広聴課


市長の主な活動(平成28年5月)への別ルート