ページの先頭です
メニューの終端です。

市長の主な活動(平成28年9月)

[2016年10月13日]

ID:2220

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

9月1日(木曜日)高野川流域における総合的な治水対策協議会

高野川の浸水被害の軽減を図る「二級河川高野川流域における総合的な治水対策協議会」に出席。
「西市街地は、以前から浸水被害が発生し大きな被害を受け、市としても高野川の整備を強くお願いしてきました。このたび、協議会が発足し京都府と舞鶴市が連携調整を図ることで、西市街地の治水安全度の向上へつながるものと思います」と述べました。
(市政記念館)

【担当:建設総務課】

9月4日(日曜日)青少年善行表彰式

青少年の健全育成を目的に社会生活・教育・文化などの面で顕著な善行があった青少年を表彰する「青少年善行表彰式」を開催。
「表彰されました皆さんの活動が、後輩たちに受け継がれていくことを心から願っております。」と述べました。
受賞された団体・個人は次のとおり。
(赤れんが2号棟)

◆個人…角地萌依さん、富井千尋さん、領家弥月さん
◆団体…西舞鶴港ボランティア部、東舞鶴港北米訪問団

【担当:子ども支援課】

集合写真

9月5日(月曜日)舞鶴茶生産組合の全国茶品評会受賞報告

第70回全国茶品評会かぶせ茶の部で5年連続産地賞を受賞した舞鶴茶生産組合の河田勝臣組合長と南範男副組合長、植和田英子さんが市長を表敬訪問。「5年連続受賞されると確信していました。今後も日本一のお茶を支援していきたいと思います」と述べました。また、河田さんは「最高の結果になりました。来年は6連覇に挑戦したいと思います」と話してくれました。
(市役所本館)

【担当:農林課】

9月11日(日曜日)ターゲット・バードゴルフ日本海選手権大会

ターゲット・バードゴルフの日本海選手権大会の開会式に出席。
冒頭で「ようこそ舞鶴にお越しくださいました。舞鶴市民を代表し心から歓迎いたします。競技を通じて、ふれあいの輪を一層広げていただき、実り多い大会となりますことを願っています。ぜひ、大会後にはお時間をつくっていただき、舞鶴の魅力に触れて頂ければと思います」とあいさつしました。
この大会は、生涯スポーツとして、ターゲット・バードゴルフの普及と他府県の愛好者との交流を目的に開催され、今年で18回目です。
(青葉山ろく公園)

【担当:スポーツ振興課】

選手の皆さんを前にあいさつする市長
試打式の様子

9月15日(木曜日)日中韓友好都市市民親善卓球大会派遣選手 市長激励会

9月23日~24日に友好都市・大連市(中国)で行われる中日韓友好都市市民親善卓球大会派遣選手7人の激励会を開催。
「勝ち負けにかかわらず、楽しみながら友好親善に努めてきてください」と激励しました。
(市役所本館)

【担当:みなと振興・国際交流課】

9月17日(土曜日)舞鶴引揚記念館 全国巡回展

ユネスコ世界記憶遺産登録1周年を記念して、舞鶴引揚記念館全国巡回展「引揚の記憶と平和への願いを世界へ!未来へ!」を横須賀市で開催。
式典で「先人の労苦を忘れることなく、次の世代に伝え、恒久平和の願いを広く発信することが今を生きる私たちの務めであり、引き揚げ事業に携わったまちの使命と考えいます。この巡回展に多くの方がご来場いただき、引き揚げの史実や平和で安心して暮らせることの尊さを感じてもらえることを願っています」と述べました。
今後、呉市(広島県)と佐世保市(長崎県)でも順次開催します。
(イオン横須賀店)

【担当:引揚記念館】

9月20日(火曜日)チビッコソフト大会市長旗を返還

青少年の健全な育成を目的に1972年から開催されていたチビッコソフト大会が、参加者の減少などで45年の歴史に幕を下ろし、青年会議所の足立理事長が市長旗を市長に返還。
「長年、舞鶴市内の小学生に親しまれてきたチビッコソフト大会が終了することは大変残念なことですが、これまで大会の運営にご尽力いただい皆さんに感謝します」と述べました。
(市役所本館)

【担当:スポーツ振興課】

9月23日(金曜日)俳優の藤本涼氏さんの表敬訪問

綾部市出身で俳優の藤本涼さんが市役所を表敬訪問。「舞鶴は近年、多数の映画撮影のロケ地となっています。また、市や観光協会などで設立した舞鶴フィルムコミッションでは、ドラマや映画の誘致活動に積極的に取り組んでいます。芸能の世界は大変だと思いますが、撮影などの際はぜひまたお越しください」と話しました。
藤本さんは、祖父が西消防署長だったなど本市との縁が深く、幼少期には体力をつけるため舞鶴のスイミングスクールにも通っていたなど会話が弾みました。
(市役所本館)

【担当:観光商業課】

記念撮影する
主演映画の説明を受ける

9月24日(土曜日)青井地区敬老会

青井地区の敬老会に出席。
「皆さまが健やかに今日の日を迎えられ、元気なお姿を拝見できますことを大変うれしく思います。今日の平和で豊かな我が国を築き上げられたご労苦とご功績に対し深く敬意を表し、感謝申し上げます。将来においても、この舞鶴が魅力あふれる街であり続けられるよう一生懸命努めていきます」と祝辞を述べました。
青井校区で敬老の日を迎えられたのは152人。米寿を祝われた7人に記念品を贈呈しました。
また、福井小学校の児童28人が作文や合唱を披露しました。
(旧青井小学校)

【担当:高齢者支援課】

祝辞を述べる
祝い品を手渡す
子ども達の合唱

9月27日(火曜日)東京都内で記者説明会を開催

東京都内で4回目となる記者説明会を開催。27社31人の報道の参加の中、「ユネスコ世界記憶遺産」登録1周年事業、日本遺産を契機とした観光誘客事業、北陸新幹線の「京都府北部ルート」の優位性などについて全国に向け大きくPRしました。
「新設された『企業版ふるさと納税』を引揚記念館の事業へ活用し、『引き揚げの史実』を後世につないでいただきたい」と企業の支援を呼びかけた他、北陸新幹線の延伸では、「『京都府北部ルート』の優位性を強調し、日本の将来の発展に必要な最重要ルートである」と誘致実現に向けたさらなる取り組みについて説明しました。
また、引揚者で登録絵画資料の作者、木内信夫さん(92歳、千葉県)に特別ゲストとして登場いただき、シベリア抑留と引き揚げへの思い、そして舞鶴市民の温かいおもてなしの心を語っていただきました。
(東京都)

【担当:観光商業課】

北陸新幹線京都府北部ルートの優位性を強調
引き揚げの思いを語る木内さん
記者会見の一場面

お問い合わせ

舞鶴市役所市長公室広報広聴課

電話: 0773-66-1041

ファックス: 0773-62-7951

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

市長公室広報広聴課


市長の主な活動(平成28年9月)への別ルート