ページの先頭です
メニューの終端です。

市長の主な活動(平成28年11月)

[2016年12月26日]

ID:2346

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

11月3日(木曜日)FMラジオ「α-ステーション」に生出演

ラジオに生出演する市長
舞鶴かにのリーフレットを持って記念撮影する市長

FMラジオのα-ステーション「サニーサイドバルコニー」に生出演。
DJの寺田有美子さんと軽快なトークで、舞鶴市のホットな話題や北陸新幹線京都府北部ルートの誘致についてPRしました。
今年度3回目の生出演をさせていただき、楽しい雰囲気の中、熱い思いを語ってきました。
(エフエム京都・京都市)

【担当:広報広聴課】


11月9日(水曜日)旧軍港市振興協議会と旧軍港市日本遺産活用推進協議会の会議

かつて海軍鎮守府が置かれた旧軍港四市(横須賀市、呉市、佐世保市、舞鶴市)で構成する「旧軍港市振興協議会正副会長会議および旧軍港市日本遺産活用推進協議会部会長会議(於:呉市(広島県))」に出席。
正副会長会議では、各市が抱える基地問題の改善などについて話し合うとともに、旧軍港市転換法に基づく国有財産の適切な処理や基地交付金の対象資産の拡大など、5項目にわたる国への要望事項をまとめました。
また、会長を務める日本遺産活用推進協議会では、日本遺産に認定された歴史文化の継承や都市連携などについて協議し、歴史やまちの魅力の発信、四市の連携・交流・人材育成の構築などを2020年までの年次計画で進める決定を行いました。
(呉市役所)

【担当:企画政策課、観光商業課】


11月11日(金曜日)マニフェスト大賞グランプリを受賞

第11回マニフェスト大賞のグランプリに選ばれました。
授賞式で、「混乱した地域医療問題を『選択と集中、連携と分担』という考えのもとで解決したことに対する評価と、現在取り組んでいる『京都府北部地域連携都市圏』における広域行政の進め方に対する期待などから大賞に選定いただいたものと考えています」と述べました。
マニフェスト大賞は、2,514人がエントリーし、全7部門で審議。首長部門の最優秀マニフェスト賞を経てグランプリを獲得しました。
(六本木アカデミーヒルズ・東京都)

【担当:秘書課】


11月14日(月曜日)ウズベキスタン共和国特命全権大使が表敬訪問

大使と握手する市長
訪れた小学校で歓迎される大使

駐日ウズベキスタン共和国特命全権大使のファルフ・トゥルスノフ氏が市役所を表敬訪問。「舞鶴を視察いただいたことを光栄に思っています。舞鶴市は2020年の東京オリンピック・パラリンピックの貴国のホストタウンに選ばれました。ぜひとも直前合宿を実現したいと願っています。また、文化・経済などさまざまな分野での交流もぜひ進めたいと思っています」と歓迎しました。
その後、大使は市内各所を視察されたほか、市民や学生から歓迎を受けられました。
(舞鶴市役所)

【担当:スポーツ振興課】


11月18日(金曜日)男女共同参画審議会からの答申

舞鶴市男女共同参画審議会(会長:横山美夏・京都大学大学院教授)から舞鶴市男女共同参画計画「まいプラン(第3次)」についてまとめた答申を受け、「この答申を基にパブリック・コメントや市議会での協議など、しっかりと準備して正式に発表させていただきます」とあいさつしました。
(市役所本館)

【担当:人権啓発推進室】


11月18日(金曜日) 日星高校ジョブシャドウィングの報告会

市長が生徒たちに目標を持つことの大切さを説明

日星高校特進コース2年生(15人)が、8月に市役所の6部10課で行ったジョブシャドウイングの報告会を開催。
冒頭で、「夢は漠然とした個人の願望であり、志は個人の目標を達成することで多くの自分以外の誰かの幸せを叶えようとする気概があります。皆さんも大志を持って進んでください」と述べました。
その後、生徒たちはスライドを使いながら、市職員の日々の仕事を見て感じたことや仕事の意義を述べ、高校生の目線での提言を行いました。
(舞鶴市役所)

【担当:企画政策課】


11月23日(祝日)赤れんがカップ舞鶴囲碁大会

赤れんがカップ舞鶴囲碁大会に出席。冒頭で「4,000年以上の歴史を誇る囲碁は、国や年齢、性別を問わず世界中で親しまれています。今日は、日頃研さんされた力を存分に発揮してください」とエールを送りました。
今回の参加者は女性19人を含む127人。6歳~90歳まで幅広い年齢層で熱き盤上の戦いが繰り広げられました。
(中総合会館)

【担当:地域づくり課】


11月24日(金曜日)NHK BSプレミアム「新・日本のうた」の収録

日本人の心に深く残る歌や多くの人々の支持を集め長年親しまれている「日本のスタンダード・ナンバー」を紹介する音楽番組、BSプレミアム「新・日本のうた」の収録が行われました。
収録を前に開催地を代表して「今宵は前川清さん、伍代夏子、氷川きよしさんをはじめとする素晴らしい歌手のみなさんの歌声と生の演奏を大いに楽しんでください。また、遠方から来ていただいた皆さんには舞鶴のおいしい魚など、舞鶴ならではの食も楽しんでください」とあいさつしました。
12月25日(日)19時30分からNHK・BSプレミアムで放送されます。
(総合文化会館)

【担当:文化振興課】


11月25日(金曜日)エネルギー新時代フォーラムin舞鶴

これからのエネルギー社会を考える「エネルギー新時代フォーラムin舞鶴」に参加。冒頭で「南海トラフ巨大地震など、起こりうる大規模災害への備えを考えれば、日本海側で重要なエネルギー供給拠点としての役割を発揮できるのはここ舞鶴市です。今日のフォーラムが、舞鶴市や京都府北部地域のエネルギー拠点としてのポテンシャルを高め、地域全体の機運が盛り上がる機会になればと思っています」とあいさつしました。このは、東京工業大学特命教授の柏木孝夫の基調講演「エネルギー改革を基盤とした日本版シュタットベルケの実現」の経済産業省や京都大学などの事例発表のほか、パネルディスカッションが行われ、エネルギーを通じた府北部地域の地域創生について意見交換が行われました。
(商工観光センター)

【担当:企業立地・雇用促進課】


11月25日(金曜日) KBS京都テレビ「京bizX」に出演

竹内アナウンサーと北陸新幹線について語る

KBS京都テレビの経済情報番組「京bizX」に出演。北陸新幹線京都府北部ルートの誘致と11日にいただいたマニフェスト大賞グランプリについて話をしました。
京都府北部ルートについては、竹内アナウンサーの質問にフリップを使って沿線の都市と比較しながら、京都府北部地域のポテンシャルを話したことで、多くの人に地域の重要性を解説しました。
国の目指す「日本海・太平洋2面活用型国土」「地方創生回廊」を実現する京都府北部ルートを選定に向けて今後も活動を続けていきます。
(KBS京都)

【担当:企画政策課】


11月25日(金曜日)納税協会連合会青年部会連絡協議会の「青年の集い」北近畿大会

正しい税知識の普及や納税動議の高揚など企業経営の健全な発展と明るい地域社会の発展を目指す納税協会連合会青年部会連絡協議会の青年の集いに出席。冒頭で「市税の納付について、市民の皆さんのご理解とご協力により良好な実績をあげておりますが、これもお集まりの皆さんが、常に指導的立場に立って、申告納税制度の普及・発展及び納税道義の高揚にご尽力いただいた結果であります。そのご熱意とご努力に対し深く感謝いたします」と述べました。
(総合文化会館)

【担当:税務課】


11月27日(日曜日)日本3B体操協会創立45周年大会に出席

音楽に合わせて体を動かし、誰でも楽しく運動ができる3B体操を実施している日本3B体操協会の創立45周年記念全国大会に出席。開式「ようこそ舞鶴にお越しいただきました。市では、それぞれのライフスタイルやライフステージに合わせてスポーツに親しむことのできる、生涯スポーツ社会の実現に向けた取り組みを進めています。3B体操は、遊びの要素を取り入れて、体に無理なく気軽に楽しめる体操として幅広い年代で親しまれていると聞いております。皆さんには、体操を通じて、ふれあいの輪を一層広げて、実り多い大会にしてほしいと思います」とあいさつしました。
(総合文化会館)

【担当:スポーツ振興課】

11月28日(月曜日)犯罪被害者等支援の連携協力に関する協定書を締結

犯罪に遭われた人の支援と権利の保護を目的とした「犯罪被害者等支援の連携協力に関する協定書」を公益社団法人京都犯罪被害者支援センターと締結しました。当日は同センター代表理事の大谷實さんが出席。今後、相互に連携を取りながら犯罪に遭われた方への支援に取り組みます。
(赤れんが2号棟)

【担当:市民課】


お問い合わせ

舞鶴市役所市長公室広報広聴課

電話: 0773-66-1041

ファックス: 0773-62-7951

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

市長公室広報広聴課


市長の主な活動(平成28年11月)への別ルート