ページの先頭です
メニューの終端です。

市長の活動から(平成29年5月)

[2017年7月6日]

ID:2961

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

5月4日(木曜日)つつじまつり

 

「第34回つつじまつり」の開会式に出席。開会式であいさつしました。

当日は天気にも恵まれ、ツツジが咲き誇る中、大勢の来客で賑わいました。

(東舞鶴公園)


5月8日(月曜日)護衛艦ふゆづき艦長の帰港報告

3月13日~4月29日に外洋練習航海にマレーシアやベトナムを訪問していた護衛艦「ふゆづき」が舞鶴に帰国。織戸邦明艦長が多々見市長に帰国を報告しました。
訓練では飛行幹部が乗り組み艦艇の基本的な知識や技能を習得する実習が行われました。織戸艦長からは「参加した飛行幹部は熱心に取り組んでくれて非常に元気がありました。また、自衛官を代表して海外を訪れることで幹部としてのモチベーションも高くなったと思います」と報告を受けました。


(市役所本館)

【担当:企画政策課】

5月12日(金曜日)舞鶴茶初摘みに参加

八田の茶園で、約150人の茶関係者とともに舞鶴茶を手摘みしました。

丁寧に手摘みされた茶葉は、両丹茶品評会や全国茶品評会に出品されます。

全国茶品評会でかぶせ茶の部で5年連続産地賞全国第1位を受賞するほど品質の高い舞鶴のお茶。

今年は6年連続産地賞第1位を獲れるように頑張りましょうと激励しました。


(八田地区)

【担当:農林課】

5月17日(水曜日)ブレーメン入港歓迎式典

歓迎式典で記念撮影
船長と記念品を交換

ドイツのクルーズ客船「ブレーメン」が舞鶴港に初入港しました。入港歓迎式典が行われ、山田京都府知事を含む関係者とともに出席しました。式典で「初寄港、心から歓迎します。来年以降にも寄港していただけることを期待しています」とあいさつしました。

(ブレーメン船内)

【担当:みなと振興・国際交流課】


5月17日(水曜日)万願寺甘とう初出荷・出発式

万願寺甘とう挨拶①
万願寺甘とう挨拶②

甘くてうまくて辛くない、京のブランド産品「万願寺甘とう」の初出荷式に出席しました。

「本当においしいものを知れば、舞鶴にもっと人が来てくれます。市としても周知していきます」とあいさつしました。

(JA京都にのくに万願寺甘とう舞鶴選果場)

【担当:農林課】


5月26日(水曜日)舞鶴市功労者表彰

功労者表彰①
功労者表彰②

公平委員会委員の蒲田忠夫さんの功労を讃え、今後も舞鶴市のためご協力いただくようにお願いを述べ、記念品などを贈呈しました。

(議場)

【担当:秘書課】


5月19日(金曜日)交通対策協議会総会

開会のあいさつ

関係行政機関や民間団体などが出席する中、舞鶴市交通対策協議会の総会を開催。冒頭で「交通事故のない安全で快適な社会を目指して、それぞれの立場で交通安全対策を地道に積み重ね、互いに連携しながら施策を積極的に推進していくことが重要です。今後も各関係団体と共に取り組みを進めます」と述べました。
(東コミュニティセンター)

【担当:市民課】


5月28日(日曜日)田辺城まつり

まいづる細川幽斎田辺城まつりの開会式に出席。「 田辺城まつりが、毎年恒例の市民のまつりとして定着しております。地域に根差した行事を開催いただくことで地域の魅力が高まり、人の絆をより強くなると思います。また、「細川幽斎公」や息子の「忠興」、忠興の妻「ガラシャ」や「明智光秀」ら、4人の「親子の絆」「夫婦の絆」など、私達が最も大切にすべき「互いを思いやる心」をテーマにした物語をNHK大河ドラマにと、誘致活動も行っているところです」とあいさつしました。

まつりは、恒例の武者行列の練り歩きをはじめ、古今伝授の小芝居、芸屋台子供歌舞伎のほか、例年10月に行われている蒲江地区の府無形民俗文化財「蒲江の振物」が実演され、前夜祭と合わせて2万5000人が海上を訪れました。
(舞鶴公園)


お問い合わせ

舞鶴市役所市長公室広報広聴課

電話: 0773-66-1041

ファックス: 0773-62-7951

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

市長公室広報広聴課