ページの先頭です
メニューの終端です。

市長の活動から(平成29年8月)

[2017年9月21日]

ID:3307

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

8月3日(木曜日)国際交流員のレ・アルトゥル・エドゥアルドヴィッチさんが着任

中央アジアのウズベキスタンから、国際交流員のレ・アルトゥル・エドゥアルドヴィッチさんが着任(任期は1年)。辞令を交付しました。

辞令交付に際し「スポーツ・文化だけでなく、広く日本とウズベキスタンの架け橋として頑張ってください」と激励しました。

同国の国際交流員は、2020年東京五輪・パラリンピックで舞鶴市がウズベキスタンのホストタウンに登録をきっかけに採用。今後、柔道とレスリングの選手団による事前合宿の受け入れ準備や市民との文化交流などを担当します。

(市役所本館)

【担当:スポーツ振興課】

8月4日(金曜日)退職消防団感謝状贈呈式

仕事の合間などをぬって地域住民のために消防団として活動した団員の退職にあたり感謝状を贈呈。「団員の皆さんのこれまでの活動と皆さんを支えてこられたご家族に感謝します。ありがとうございました。」とあいさつし感謝状を渡しました。

(赤れんが4号棟)

【担当:消防本部】

8月6日(日曜日)医療現場体験イベント「ミッション・イン・ホスピタル」

中学生や高校生が普段は見ることができない病院の設備や仕事を体験するイベント「ミッション・イン・ホスピタル」を、舞鶴医療センターの協力のもと開催しました。

冒頭で、「舞鶴市は京都府北部地域の医療の要としての役割を果たしています。医療関係の仕事は多くの職種がありますが、どれも達成感があり、患者さんからは感謝されるとてもやりがいのある仕事です。それぞれの職種が連携しており、チームワークの大切さをなどを今日の体験で感じ取ってほしい。皆さんが、本市の地域医療を担う人材となってくれることを期待しています」とあいさつしました。

当日は、当初の募集人員を大きく上回る約100人の参加があり、会場は生徒と保護者であふれかえっていました。

(舞鶴医療センター)

【担当:地域医療課】


8月7日(月曜日)ウズベキスタン事前合宿視察団が来訪

2020年東京五輪・パラリンピックの柔道とレスリングの事前合宿が舞鶴市に内定している中央アジアのウズベキスタンから事前視察団が来訪しました。

視察団は同国のルスタム・クルバノフ体育スポーツ大臣、オイベク・カシモフ国家オリンピック委員会事務総長、シュハラット・ママダリエフ同国レスリング協会事務総長、シャブカト・ムミノフ同国柔道連盟副会長の4人。文化公園体育館や引揚記念館などを視察したほか、舞鶴レスリングクラブや地域の高校生・住民などと交流し、本市が事前合宿の適地であるとし、五輪事前合宿の実施に関する覚書を交わしました。

市は、今秋にもウズベキスタンを訪問し、同国オリンピック委員会と合宿実施の覚書を取り交わす予定。これを契機にスポーツだけでなく文化・経済分野など幅広い両国の国際交流を展開していきます。

(市役所本館)

【担当:スポーツ振興課】

8月7日(月曜日)山陰新幹線同盟会を設立

北陸新幹線京都府北部ルート誘致促進同盟会の総会に出席。冒頭で「北陸から京都府北部、山陰を新幹線ネットワークで結ぶことは、日本海側国土軸の形成と日本海側全体の発展につながります。一致団結して新幹線誘致と在来線の整備促進に取り組んでいきましょう」と述べました。
同盟会は名称を「山陰新幹線京都府北部ルート誘致・鉄道高速化整備促進同盟会」に変更し、京都府北部地域を経て日本海に至る山陰新幹線の誘致と在来線の高速化・複線化を目指す取り組みを進めます。


(綾部市)

【担当:企画政策課】

8月10日(木曜日)ナホトカ市青少年ソフトボール訪問団市長表敬

8月9~14日に姉妹都市・ナホトカ市(ロシア)の青少年ソフトボール訪問団が舞鶴市を訪れ市長を表敬訪問しました。「スポーツを通じて双方の技術向上を図れるのはとても喜ばしいことです。言葉は分からなくても心は通い合えると確信しています。舞鶴では多くの友人を作っていただき、さらなる交流を深めてください」とあいさつしました。

訪問団は、地元の中学生・高校生とソフトボールで交流したほか、陶芸体験やかまぼこ作り体験、ホームステイなどに参加し舞鶴市民との交流を深めました。

(赤れんが2号棟)

【担当:みなと振興・国際交流課】

8月18日(金曜日)第10回大連市訪問舞鶴市少年使節団・帰国報告会

8月2~6日まで、友好都市・大連市(中国)を訪問した「舞鶴市少年使節団」が帰国し、報告を受けました。

「今回の大連市訪問は、皆さんにとって生涯忘れられない思い出となったと思います。自分たちの経験を、家族や学校の友達に話をして大連市との友好関係を広めていってほしいと思います」とあいさつしました。使節団の子ども達と、大連市でのエピソードなどについて歓談しました。

今年は舞鶴市と大連市が友好都市提携を結んで35周年になります。

(赤れんが2号棟)

【担当:教育企画課、教育総務課、みなと振興・国際交流課】

8月25日(金曜日)浦項市青少年訪問団の帰国報告

8月19~22日に浦項市(韓国)を訪問していた青少年交流訪問団の参加者14人が帰国報告のため市役所を訪れました。
生徒たちに、「浦項市を訪問して幅広い視野で物事を見るきっかけになったと思います。ホームステイや同学年との交流で感じたことを家族や友人などたくさんの人に伝えてください」と述べました。
生徒からは「ホームステイではいろんな所に連れて行ってくれたり、日本語で手紙を書いてくれたりして気遣ってくれたことがとても嬉しかった」「浦項市の中学生は母国語のほかに英語も話していた。もっと英語も勉強したいと思った」など感想や抱負を話してくれました。
(赤れんが2号棟)


【担当:みなと振興・国際交流課】

8月26日(土曜日)八雲の郷 夏まつり

八雲の郷夏まつりに出席。「このような地域のお祭りがその地域の魅力の発信につながっていきます。元気な地域と一緒に元気なまちをつくっていきたいと思っています」とあいさつしました。
式典終了後のステージイベントでは、和太鼓演奏やフラダンスが披露されたほか、盆踊りやビンゴゲーム、花火大会などもあり楽しいひと時を過ごしました。
(旧由良川中学校)

【担当:加佐分室】

8月27日(日曜日)まいづる中学生まちづくり議会

市政や議会への関心を高めることを目的に中学生が市へ提言や質問を行う「まいづる中学生まちづくり議会」が行われました。
この日は市内の7中学校21人の議員が参加し「空き店舗の解消による地域の活性化」や「舞鶴の情報・魅力を広げること」「原子力災害への対応について」などをテーマに積極的な質問が出ました。
(議場)

【担当:教育企画課、議会事務局】

8月29日(火曜日)海洋高校のカッターレース、食品技能コンテスト全国大会優勝市長報告会

カッターレース全国競技大会で優勝、食品技能コンテスト全国大会で優勝と3位というすばらしい成績を残した、本市出身の海洋高校に通う生徒が報告のため市役所を訪れました。「舞鶴出身の人がこのような快挙を成し遂げてくれたことを大変うれしく思う。」と話し、生徒たちとカッターレースでの裏話や技能コンテストの詳細を歓談しました。また「みんなが行くからこの高校に通う、といくことではなく海洋高校に行ってこれをしたいと将来を見据えて志を持つことはすばらしいこと」と述べました。

(市役所本館)

【担当:スポーツ振興課】

8月29日(火曜日)みらい戦略推進会議に出席

舞鶴市の地方創生の推進のために、市民や関係団体からの意見を幅広く聴取し総合的かつ計画的に実施するための「舞鶴市みらい戦略推進会議」の第3回会議に出席。舞鶴版地方創生の取り組みについて発表しました。その後、意見交換会が行われ、産官学金労言のさまざまな分野の参加者と市の取り組みや各団体の思いなどの情報を共有しました。

(中総合会館)

【担当:企画政策課】

8月29日(火曜日)舞鶴市環境衛生プラント竣工式

平成25年から工事を進めていた「環境衛生プラント」が完成。防衛省、京都府、工事関係者や地元自治会などの関係者の皆さんの参加のもと、竣工式を行いました。

竣工式では、「新たに整備した環境衛生プラントは、浄化槽汚泥の処理に適した処理方法を採用に加え、臭気が施設から出ないよう公害対策にも配慮した施設になっています。市としましては、廃棄物を適正に処理し、よりよい自然環境が保たれる循環型社会を構築していくため、今後も取り組んでまいります」とあいさつしました。

(東浄化センター)

【生活環境課】

8月31日(木曜日)舞鶴市廃棄物減量等推進審議会から中間答申

舞鶴市廃棄物減量等推進審議会(12人)から「循環型社会の形成に向けた新たな取り組みについて」のうち、諮問事項の1「容器包装リサイクルに関する取り組み」にかかる中間答申が提出されました。

答申を受け「ペットボトルの単独分別回収は喫緊の課題です。市民のみなさんに理解していただければ協力は得られるはずです。市民と行政のキャッチボールが大切ですので丁寧にお伝えしていこうと思います」と述べました。

(市役所本館)

【担当:生活環境課】

8月31日(木曜日)舞鶴市上下水道事業審議会

下水道事業の計画や経営について調査・審議をする第1回舞鶴市上下水道事業審議会を設置。第1回審議会を開催しました。冒頭で「市では、市民の皆さんに安全で安心な水道水を安定的に供給できるよう取り組んでいるところです。審議会では今後の事業展開や経営戦略の策定、適正な料金設定など事業運営に重要な事項を審議していただきたいと思っています」と述べました。
審議会では、会長と副会長を選出したほか、水道・下水道事業の概要説明と施設見学が行われました。


(市役所本館)

【担当:経営企画課】

お問い合わせ

舞鶴市役所市長公室広報広聴課

電話: 0773-66-1041

ファックス: 0773-62-7951

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

市長公室広報広聴課