ページの先頭です
メニューの終端です。

市長の活動から(平成29年9月)

[2017年10月3日]

ID:3390

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

9月3日(日曜日)青少年善行表彰式

青少年の健全育成を目的に社会生活・教育・文化などで顕著な善行があった青少年を表彰する「青少年善行表彰式」を開催。善行を称え、6人を表彰しました。

表彰したのは次の6人。(敬称略)

水嶋康 (城南中学校1年) 【活動内容】5・6年前から、町内の川掃除などの時には、誰かに言われた訳でもなく自分の意志で率先して参加し、大人よりも先にいつも黙々と掃除をしてくれている。また、今年の大雪の時も雪が降り続く中、自ら歩道の雪かきを実施した。

長嶋裕也 (白糸中学校3年) 【活動内容】何年も前から、地域のバス停や通学路の雪かき、花いっぱい活動の援助に取り組んでいる。また、小倉に住む祖母の畑仕事の手伝い、草取りや雪かき等を行うなど、思いやりのある親切な行動を実施した。

髙橋龍  (青葉中学校1年)、木本 晴琉 (青葉中学校1年) 【活動内容】平成29年5月10日、友人と下校中、踏切の警報が鳴り始めた際に線路内で幼児が遊んでいるのに気付き、声をかけても幼児が動こうとしないため、とっさの判断で線路に入り、幼児を抱きかかえて安全な場所まで退避させ、幼児を母親に引き渡すまで、友人とともに保護した。

上西諒介  (白糸中学校1年) 【活動内容】 小学校高学年時より、「あいさつ」や「ありがとう」を交わす運動を率先して実施し、学校における「あいさつ」や「ありがとう」を交わす風土を高めるとともに、「あいさつ」でつながる重要性について社会へ訴える活動に取り組んだ。

緒嶋俊輔  (市立白糸中学校1年) 【活動内容】小学校高学年時に、つばめのひなを守る行動や社会の交通安全を訴える活動に取り組み、命を大切にする活動や啓発に取り組んだ。

(場所 中総合会館)

【担当:子ども支援課】

9月7日(木曜日)ケンコーマヨネーズ㈱西日本工場増設に伴う安全祈願祭

ケンコーマヨネーズ㈱西日本工場の増設に伴う安全祈願祭に参加。

式典で「西日本工場が西日本エリアを代表するマザー工場として発展されることを願っています。市としても、今後一緒になって地域経済の発展と経済人口10万人の実現に取り組んで行きます」とあいさつしました。


祈願祭終了後には、工場内で炭井孝志社長と共同で記者会見を開きました。


(ケンコーマヨネーズ㈱西日本工場)

【担当:企業立地・雇用促進課】

9月14日(木曜日)クルーズ客船「にっぽん丸」の歓迎式典

クルーズ客船「日本丸」(全長166.65メートル、総トン数22,472トン)が京都舞鶴港西港第2ふ頭に入港。

歓迎式典で、「舞鶴には城下町の風情が残る西地区の街並みや旧海軍の施設であった東地区の赤れんが倉庫群などがあります。また、近隣市町にはミシュラングリーンガイド2つ星の天橋立など多くの魅力的な観光地がありますので、ぜひ堪能してください」とあいさつしました。


(京都舞鶴港西港)

【担当:みなと振興・国際交流課】

9月21日(木曜日)秋の全国交通安全運動スタート式

9月21日(木)~30日(土)の秋の全国交通安全運動スタート式に出席。「一人ひとりがルールを守ることとマナーを徹底することが大切です。日が短くなる時期です。高齢者や子どもは特に反射材などを使用するなどしてください」とあいさつしました。式典後には、白バイやパトカー、市民パトロール車「青パト」などが市内各地のパトロールへと出発しました。

(赤れんがパーク)

【担当:市交通対策協議会(市民課)】


9月23日(日曜日)まいづる魚まつりに出席

まいづる魚まつりが開催されました。鮮魚店や仲買人らでつくる舞鶴水産流通協同組合の主催で今年で28回目。

市民参加セリ市では、旬のノドグロやアオリイカ(秋イカ)のほか、ツチエビ(クロザコエビ)やシイラなどに参加者が口々に値段を付け、競り落としていきました。

マグロの解体ショーでは、クイーンまいづるの3人も参加、カブトやカマ、中落ちといった希少部位はその場でセリにかけられ、さばかれた切り身の販売は多くの人が行列をなしていました。(舞鶴水産流通センター周辺)
【担当:観光商業課、水産課】

お問い合わせ

舞鶴市役所市長公室広報広聴課

電話: 0773-66-1041

ファックス: 0773-62-7951

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

市長公室広報広聴課


市長の活動から(平成29年9月)への別ルート