ページの先頭です
メニューの終端です。

市長の活動から(平成29年12月)

[2018年1月18日]

ID:3724

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

12月3日(日曜日)舞鶴市民綱引大会

冬を熱くする恒例行事「舞鶴市民綱引大会」。今年も小学生と一般の男女4部門で開催。86チーム約860人が出場。開会式で「チームワークを十分発揮して、心を一つに綱を引き、熱戦を繰り広げられますとともに、競技を通じてチーム間の交流の輪を広げてください」と激励しました。

(文化公園体育館)

【担当:スポーツ振興課】

12月5日(火曜日) 株式会社アクティオとの災害協定締結

地元企業では対応しきれない大規模災害が起こった場合に、全国にネットワークを築いている早期救助・復旧に必要な建設重機や発電になどの提供を受けるため、本市と株式会社アクティオとの間で「災害時におけるレンタル機材の提供に関する協定」を締結しました。

締結式で「この協定書の締結を契機とし、市民が安全・安心に暮らせる災害に強いまちの実現に向けた取り組みを推進していきます」と述べました。

(市役所本館)

【危機管理・防災課】

12月12日(火曜日)京都府LPガス協会舞鶴支部から発電機を寄贈

一般社団法人京都府LPガス協会舞鶴支部から「防災向けプロパンガス発電機」の寄贈を受け、「本市の災害時の取り組みへの応援と、市民の皆さんの自助・共助による防災活動を支援していただくものとなりました。大切に使用させていただきます」と述べました。

市では、寄贈いただいた発電機に加え、新たに1台を購入し、災害などにより市内で孤立が想定される白滝地区と岸谷地区に12月17日配備しました。

(市役所本館) 

【担当:危機管理・防災課】

12月12日(火曜日)地方自治法施行70周年記念総務大臣表彰の表彰状を授与

昨年東京都で行われた地方自治法施行70周年記念式典で総務大臣表彰(団体表彰)に舞鶴市が選ばれ、表彰状と記念品を野村中丹広域振興局長から受け取りました。
同表彰は、市が取り組んできた京都府北部地域連携都市圏の推進や京都舞鶴港の振興、交流人口の飛躍的な増加などの功績が評価されたものです。
市としては、今後もこれまでの成果を生かしさらに未来の街づくり、持続可能な行政運営に向けた取り組みを推進します。

(市役所本館)

【担当:企画政策課】

12月20日(水曜日)市長定例記者会見

市長定例記者会見を開催。

市長は、12月の発表案件5件について説明しました。

市長の定例記者会見は毎月開催しており、発表資料は市公式ホームページにも掲載しています。


(市役所本館)

【担当:広報広聴課】

12月28日(木曜日)年末特別警戒で消防団を激励

12月28日・29日の2日間、年末年始の火災予防の強化を図るため年末特別警戒を実施。

28日に東消防署管内(9団)、29日に西消防署管内(11団)の各消防団を巡視。「全国で地震や火災、火山噴火などの災害が起こっています。その中でも、消防団は地域に精通し本当に重要な役割を担っています。市としても、地域の防災の要である皆さんが活動しやすい環境となるよう努めていきます」と激励しました。

(河辺集会所)

【担当:消防本部】

お問い合わせ

舞鶴市役所市長公室広報広聴課

電話: 0773-66-1041

ファックス: 0773-62-7951

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


市長の活動から(平成29年12月)への別ルート