ページの先頭です
メニューの終端です。

特定外来生物アライグマ被害対策について

[2016年4月1日]

ID:961

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

特定外来生物アライグマ被害対策について

舞鶴市では、野生化したアライグマによる農水産物の及び家屋の被害を効果的に改善するため、アライグマ防除実施計画を策定しています。

アライグマ被害対策として、アライグマ捕獲用檻を貸し出し、貸し出した捕獲檻にアライグマ(その他:ヌートリア、ハクビシン、タヌキ、イタチ等)が捕獲された場合、担当の職員が捕獲された個体を回収します。その後、安楽死施設で適切な処理(二酸化炭素ガス処理)によって捕獲された個体を安楽死させます。


※個人が捕獲檻を用いて捕獲を行うには免許・許可等が必要となっております、ご注意ください。


捕獲檻を貸します

(1)貸し出し用品
アライグマ捕獲檻

(2)貸し出し期間
貸し出し日から3か月程度

(3)貸し出し料金
無料

(4)対象者
足跡、食べ痕等の特徴からアライグマによる農作物や家屋の被害を受けている市民の方

(5)受付
下記の舞鶴市役所 産業振興部 農林課まで連絡下さい

(6)受付時間
午前8時30分から午後5時まで(休日及び祝日は除く)

(7)捕獲檻の設置・撤去
担当職員が設置希望場所をお聞きし、相談の上、捕獲檻を運搬、設置・撤去いたします。

(8)留意点と注意事項
捕獲檻で捕獲されたアライグマは気が荒くなっており、危険ですので、直接手で触れないよう注意してください。
市の貸し出す捕獲檻を初めて設置される方には、設置の際、担当職員が使用方法と注意点を説明いたします。
捕獲檻は、アライグマによる被害を受けた場所、ふんや食べ痕が見られる通り道に設置することをお勧めします。


アライグマ捕獲用のエサアライグマの捕獲には、以下のようなエサを捕獲檻内に用意してください。
◆リンゴ等の果物、野菜
◆魚の干物
◆肉
◆お菓子
◆パン  など
貸し出し中の捕獲檻について現在、アライグマの被害に困っている方が多くいらっしゃる中、貸し出せる捕獲檻が大変少なくなっています
貸し出している捕獲檻を現在使用していない方や、被害がなくなった方は、市に連絡していただき、返却していただきますようご協力お願いいたします。


問い合わせ

捕獲檻の貸し出し希望、アライグマ等を捕獲した際、捕獲檻の返却の際や不明な点がございましたら、下記までご連絡ください。

舞鶴市役所 農林課 66-1023









-担当部署-
産業振興部 農林課
電話番号:0773-66-1023・1030
ファックス番号:0773-62-9891

お問い合わせ

舞鶴市役所産業振興部農林課

電話: 0773-66-1023

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム