ページの先頭です
メニューの終端です。

ふるさと舞鶴どぶろく特区

[2016年5月10日]

ID:1001

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「ふるさと舞鶴どぶろく特区」について

本市が内閣府に申請しておりました構造改革特別区域法に基づく「ふるさと舞鶴どぶろく特区」に、平成23年6月29日付けで認定されました。(市内全域が対象区域です。)  

「どぶろく」とは

米・米こうじ・水を原料として発酵させたものでこさないもの、又は、米・水・特定物品※を原料として発酵させたものでこさないものをいいます。
※特定物品とは、「麦、あわ、とうもろこし、こうりゃん、きび、ひえ、でんぷん、若しくはこれらのこうじ、米こうじ又は清酒かす」をいいます。

「ふるさと舞鶴どぶろく特区」とは

舞鶴市内(特区内)において、農家民宿や農園レストランなどを営む農業者が、自らが生産した米を原料として「どぶろく」を作るための製造免許を申請した場合、酒税法第7条第2項に規定する最低製造数量基準(年間6キロリットル)の規定を適用されないというものです。(従って、少量の製造が可能となります。)

ご注意ください

舞鶴市が「どぶろく特区」の認定を受けたからといって、誰でも自由に「どぶろく」を作れる訳ではありません。

酒税法に基づく「どぶろく」を製造するための「製造免許」や販売するための「販売免許」が必要になります。 製造免許を取得せずに「どぶろく」を作ると、酒税法違反となり、罰せられます。

お問い合わせ

舞鶴市役所産業振興部農林課

電話: 0773-66-1023

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム