ページの先頭です
メニューの終端です。

舞鶴市六次産業化推進アドバイザー支援希望事業所を募集

[2018年7月18日]

ID:4277

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 市では、「地域のブランド力を生かして農林水産品を売り出したい」「魅力ある新商品を開発したい」「効果的な広告、販売に取り組みたい」といった思いの実現をサポートする6次産業化推進アドバイザーの支援を希望するやる気のある事業所を募集しています。


【期間】来年3月まで
【内容】アドバイザーや分野ごとの活動パートナーによ2か月に1回程度の助言や提案
【対象】市内の農林水産業事業所・者
【定員】若干名・事業所(多数の場合選考)
【料金】無料
【申し込み方法】6月15 日㈮までに申込書(農林課に備え付け、市ホームページからダウンロード可)に必要事項を記入し、郵送かファクスで同課(☎ 66・1023、ファクス 62・9891)へ。



<6次産業化推進アドバイザープロフィール>
6次産業化推進アドバイザーに就任した吉田修さんは、三重県の「伊賀の里モクモク手づくりファーム」の前専務理事で、外国産の安い豚肉に対し、価格競争ではなく「おいしさと安心の両立」をテーマに消費者の心をつかみ、無添加ハム・ウインナーなどの地域ブランドを展開。農業・畜産業(1次産業)、ハム・ウインナーや地ビールの加工・製造(2次産業)、それらの販売や外食産業(3次産業)を全て担う6次産業で同ファームを年商50億円、会員4万5千人のアグリビジネスネットワークに育て上げた。
国土交通省「観光カリスマ百選」や経済産業省「地域産業おこしに燃える人」も受賞されています。
活動パートナーとして、ブランドマーケティングを織田英嗣氏が、デザイン・ウェブを坂井治美氏が担当。

お問い合わせ

舞鶴市役所産業振興部農林課

電話: 0773-66-1023

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


舞鶴市六次産業化推進アドバイザー支援希望事業所を募集への別ルート