ページの先頭です
メニューの終端です。

市役所が目指す「組織像」、市職員が目指す「職員像」

[2016年11月7日]

ID:297

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

市民の皆さんの満足度を高める市政をつくり上げていくためには、職員の一人ひとりが市民のため地域のため持てる力を最大限に発揮することが何よりも重要です。
市では、市役所とはどのような組織でなければならないのか、職員に求められていることは何なのかということを、市民アンケート調査の結果などをもとに話し合い、目指す「組織像」と「職員像」としてまとめました。
この「組織像」と「職員像」は、職員の人材育成を進めていく上での道標、職員自身が我が身を振り返る指標、さらには市民の皆さんに対する職員のお約束となるものです。
新しい時代を迎えた地方自治の担い手として、市民に信頼され、市民の役に立つ市役所づくりに全職員が一丸となって、全力で取り組んでいきます。

市役所が目指す「組織像」

市民に信頼され、市民の役に立つ市役所

A.生命の尊さ、個性の尊重、他人との共生など人権尊重の理念に基づき、市民一人ひとりの自己実現へ向けて、幅広い視点から総合的な観点で支援する市役所

B.積極的に地域に入って課題を見出し、市民とともに知恵を絞り、縦割りに陥ることなく全職員が一致団結して解決に向け取り組む市役所

C.職員一人ひとりが持つ「強み」を最大限に引き出し、互いの「弱み」は補い合い、全職員が持てる能力を結集することによって、組織力を最大化させる市役所

D.舞鶴市全体、市民全体にとって、何が最適なのかという観点から物事を考え、最小の投資で最大の効果を挙げることができる効率の良い市役所

E.大規模な災害や広域的な事故など危機的な状況にあっても、市民の生命と財産を守るため、冷静、確実、迅速に対処することができる市役所

舞鶴市職員が目指す「職員像」

A.市民の中に入って、地域の課題を見つけ、市民とともに考え、解決に向け積極的に行動する職員
地域で何が起こっているのか、市民の皆さんは、何を望んでおられるのかを的確に把握し、課題の解決に向けて市民の皆さんとともに知恵を絞り、汗をかくことができる職員を目指します。

B.職員一人ひとりが、専門性や得意分野を持ち、自らの特性も最大限に発揮し、市民の信頼に応える職員
職員一人ひとりがプロフェッショナル意識を忘れず、豊富な知識に基づいて、市民の皆さんに適切なアドバイスや求められるサービスを提供することができる職員を目指します。

C.社会情勢の変化に即応した改革意識を持ち、仕事への情熱と柔軟な思考のもと、市役所と仕事を変革できる職員
前例踏襲にとらわれず、舞鶴市全体にとって何が最適かという観点から、より高い成果を目指して、市役所と仕事の変革に挑戦し続ける職員を目指します。

舞鶴市人材育成基本方針

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

舞鶴市役所企画管理部人事課

電話: 0773-66-1066

ファックス: 0773-62-5099

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

企画管理部人事課