ページの先頭です
メニューの終端です。

平成27年度 未来の有権者啓発事業の実施について

[2017年2月24日]

ID:1136

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

中学3年生を対象に模擬選挙を実施 ~本番さながらの選挙を体験~

「未来の有権者啓発事業」の実施について 選挙権年齢が18歳に引き下げられたことを受けて、舞鶴市選挙管理委員会と舞鶴市明るい選挙推進協議会、舞鶴市教育委員会は市内7中学校の3年生830人を対象に、実際に使用する投票箱や投票用紙などを使って模擬選挙の授業を行いました。生徒たちは、昨年の衆議院選挙と同じ年齢別の投票割合により、20~82歳に振り分けられ、その年代の立場になって候補者の演説を聞いた後、自分で投票したい候補者を決めて投票を行いました。投票後、生徒たちは投票結果から20歳代の投票率の低さや未来を担う若者の政治参加の意義を考えました。

お問い合わせ

舞鶴市選挙管理委員会
電話: 0773-66-1044
FAX: 0773-62-5099

組織内ジャンル

総務部総務課