ページの先頭です
メニューの終端です。

舞鶴市の主な施策のご紹介

[2017年5月25日]

ID:1325

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

舞鶴市の主な施策のご紹介

 舞鶴市の主な施策をご紹介します。

 このほかにも、さまざまな施策について視察を受け入れていますので、ご検討いただき、議会事務局までご連絡ください。

舞鶴市の主な施策(平成29年4月現在)

事業名

概要

担当課

原子力防災

 国や府などの上位計画(防災基本計画、原子力災害対策指針、京都府地域防災計画、関西広域連合の広域避難ガイドライン、京都府の広域避難要領、内閣府の高浜地域の緊急時対応)等の内容を盛り込み、当市の地域防災計画(原子力災害対策編)や原子力災害住民避難計画の改正を行っている。

危機管理・防災課

公共交通

 

 市民生活を支える地域公共交通の維持確保を図るため、路線バス及び定期航路が廃止された地域において、地域住民自らが運行されている自主運行バスなどに支援を行っている。また、平成27年4月から上下分離方式による新たな運行体制でスタートした京都北部地域と兵庫県北部を結ぶ「京都丹後鉄道」に対し、沿線自治体2府県5市2町が連携して支援を行っている。

企画政策課

第1期公共施設再生実施計画

 公共施設マネジメントを推進する取組。

 平成26年7月に策定した公共施設再生基本計画(計画期間:30年)に基づき、再生に向けた取組の優先度の高いものを第1期(平成28年度~37年度)対象施設として位置づけし、施設の再生の具体的な方向づけ等を明らかにした第1期公共施設再生実施計画を策定。当該計画に基づき具体的な施設の再生を推進する。

資産活用課

債権管理適正化

 公平・公正な市民負担の確保及び財源の確保のため債権管理適正化を推進している。

債権管理課

図書館ふれあい事業

 子どもの読書啓発や、図書館を好きになってもらうための行事や、大人向けの文学講座などを開催し、図書館の利用増加を目指している。

図書館課

子育て交流施設「あそびあむ」運営事業

 天候に左右されず、子どもと多様な世代の大人が共に遊びを体験する機会を創出するとともに、子育てに関する相談、情報の発信等を実施することにより、子どもの健やかな成長に資する施設として設置し運営する。

子ども支援課・子育て支援基幹センター

乳幼児教育ビジョン推進事業

 市福祉部局と教育委員会が連携して質の高い乳幼児教育の推進に向け、公・私立の保育所・幼稚園及び小・中学校の保育士・教諭を対象とした研修事業を実施している。

幼稚園・保育所課

赤れんがをいかしたまちづくり

 明治から大正期にかけて建設された旧海軍の赤れんが倉庫群、水道施設など、本市に数多く残る赤れんが建造物を生かし、戦略的に交流人口の拡大に取り組んでいる。

観光商業課

世界記憶遺産推進事業

 本市が所蔵する第二次世界大戦後のシベリア抑留、引き揚げに関する資料について平成24年から平成27年にかけてユネスコ世界記憶遺産の登録に向けて取り組み、平成27年10月登録が実現した。

 また、登録後は、その情報発信を国内外に向けて積極的に行っている。

登録資料:「舞鶴への生還 1945‐1956 シベリア抑留等日本人の本国への引き揚げの記録」

引揚記念館

「シベリア抑留」と「引揚事業」の史実継承事業

 「シベリア抑留」と「引揚事業」の史実継承のため、世界記憶遺産に登録された資料をはじめとする数多くの貴重な資料を展示・保存・活用している。また、 青少年の平和教育等の場として、多くの学校の訪問を誘致している。

 館内では、展示とともに、ボランティアによる語り部が様々な説明を行っている。

引揚記念館

京都舞鶴港~みなとの整備と貿易・クルーズ振興

 

 「東アジアに躍動する国際港湾・交流都市」として、関西経済圏で唯一の日本海側拠点港に選定された、重要港湾「京都舞鶴港」における、舞鶴国際ふ頭などの港の機能向上、並びに貿易及びクルーズの振興に取り組んでいる。

みなと振興・国際交流課

広げよう国際交流の輪

 姉妹都市のナホトカ市、ポーツマス市、友好都市の大連市との交流や在住外国籍市民との交流などの国際交流、多文化共生の理解促進に取り組んでいる。

みなと振興・国際交流課

漁業体質強化支援事業(マガキの付加価値向上対策)

※6次産業化

 天然マガキ資源は豊富でありながら価格が低いためこれまで漁獲されてこなかった。これを有効活用し、付加価値を付けて漁業者の所得の向上を図るため、漁協が既存倉庫を活用して、焼きカキコンロや冷蔵庫などを平成25~27年度に整備し、概ね12月から翌年3月まで漁業者グループが販売している。これらの設備等の整備を舞鶴市が支援した。

水産課

都市計画制度の見直し

 舞鶴版コンパクトシティの実現を目指し、昭和34年に定めた用途地域の見直しに引続き、立地適正化計画の策定と連携を図りながら区域区分の見直しを行っている。

都市計画課

お問い合わせ

舞鶴市役所議会事務局総務課

電話: 0773-66-1060

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

議会事務局総務課