ページの先頭です
メニューの終端です。

11月は「児童虐待防止推進月間」です

[2018年11月1日]

ID:4688

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

11月は「児童虐待防止推進月間」です!

 平成29年度に全国の児童相談所が対応した児童虐待相談件数は13万件を超え、大変深刻な社会問題となっています。

 児童虐待という言葉を聞くと、何か特別な事件に見えるかもしれませんが、皆さんの身近なところで起こっている行為であり、また、家庭内という閉鎖的な場所で起きるため発見が難しいことが課題です。

 身体や心に傷を負っている子どもたち、助けを求められない子どもたちがたくさんいます。

 子どもの尊い命、健やかな成長を守るため、私たちにできることから始めましょう。


「未来へと 命を繋ぐ 189(いちはやく)」

 児童虐待とは、親や親に代わる養育者が子どもの心や身体を傷つけ、健やかな成長や発達を妨げる行為のことです。たとえ、親の愛情による「しつけ」としての行為であっても、それが子どもにとって心身が傷つけられる行為であれば「虐待」にあたります。

 虐待は次の4つに分けられます。複数の虐待が重なって発生することもあります。

身体的虐待

 殴る、蹴る、叩く、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる など

心理的虐待

 言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に暴力をふるう(DV) など

ネグレクト

 家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、病気になっても病院に連れて行かない など

性的虐待

 子どもへの性的行為、性的行為を見せる、ポルノグラフィの被写体にする など


周囲の方へ 「もしかしたら虐待?」と感じたら迷わず連絡を

 「激しい泣き声がする」「不自然な傷やあざが多い」「服や髪の毛がいつも汚れている」「小さな子どもだけで留守番をさせて外出している」など、少しでも気になる子どもがいたら、迷わずに児童相談所全国共通ダイヤル「189」、または、児童相談所、子ども総合相談センターに連絡してください。連絡は匿名で行うこともでき、連絡者や連絡内容に関する秘密は守られます。また、結果として虐待でなかったとしても、連絡した人が罪に問われることはありません。

子育てに悩んでいる方へ 悩みを一人で抱えていませんか?

 子育てをしていると「自分の思うようにいかない」「イライラしてしまう」といった感情を抱くのは特別なことではありません。子どもの顔が一人ひとり違うように、成長や発達にも個人差があります。一人で悩みを抱え込まず、子ども総合相談センターや児童相談所に相談してください。

連絡・相談先

  • 児童相談所全国共通ダイヤル  電話189(いちはやく)
  • 京都府福知山児童相談所  電話0773-22-3623
  • 舞鶴市子ども総合相談センター  電話0773-66-2120  


○児童相談所全国共通ダイヤル「189」について詳しくはコチラ(別ウインドウで開く)をクリック

お問い合わせ

舞鶴市役所健康・子ども部子ども支援課

電話: 0773-66-1008

ファックス: 0773-62-7957

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


11月は「児童虐待防止推進月間」ですへの別ルート