ページの先頭です
メニューの終端です。

うみべのもり保育所 子どもの様子(夏)

[2019年9月19日]

ID:5474

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

子どもの様子~季節ごとに更新しています~

夏の様子

気持ちいい!(0歳児)

手で水や泡をかき混ぜたり、カップやバケツでジャーっと流したり片栗粉をヌルヌルしたりして感触を体感しています。
 乳児期は、身近な人やものとの直接的な関わりを通して、その意味や性質、特徴などを感覚によって捉えている時期です。眺めたり触ったりと様々に試しながら対象に親しみ、満足感や面白さを味わって更に周囲への興味や関心を高めていきます。

おもしろい!不思議!(1.2歳児)

泥、水、泡、片栗粉、えのぐなど様々な感触を味わい、そこで生まれる変化を楽しんでいる子ども達。 
 触って確かめることを盛んにし、気持ちよいと感じたり汚れるのを嫌だと感じたり、身近にある様々なものを自分の体と心の両方で感じとる経験を一つ一つ重ねて自分を取り巻いている世界を自分のものとしていきます。そのものの感触を十分に味わい楽しむ経験を通して自らの感覚や感性を豊かにしていきます。

こっちの土がいい!(3.4歳児)

園庭に出るとおだんご作りに夢中になる子ども達。
「おだんご作る時は水がいるんやで」「この土いいかんじ」「だってしめっとるもん」・・・繰り返し遊ぶ中で水の量や土の違いに気づいたり、力を加減したりして試しています。

「(保育士)へえ~、そこの土がいいん?」「うん、ここの・・はしっこのがいいん」「(保育士)Sちゃんは手でとってKちゃんは木でとってるん?」「このほうがやりやすいもん」・・・物の性質を感じ取ったり気付いたりし、どうしたらいいか考え工夫したり試したりしています。また友だちを見て真似たり、考えたことや知ったことを友だちと伝え合うことで遊びがまた広がっていきます。

 
 

落ちない!(5歳児)

泡遊びがブームになっている子ども達。「先生みて~!落ちん泡やで!」「とろってしとったら落ちるで」「(保育士)とろってしとる泡と落ちん泡は何が違うんやろ?」「「水が多かったらとろっとした泡で、水を少なくしていっぱい混ぜたら落ちん泡やで」・・・繰り返し遊ぶ中で石けんと水の量の関係に気付き、いろいろ試しています。

友だちと比べ「落ちん泡にならん」「水が多いんちゃう」「わかった!水が多いと下に行くから落ちるんちゃう」・・・「一緒に作ったけど、私のほうが(混ぜると)軽くてAちゃんの方が重たいで」・・・など、身近な事象に積極的に関わる中で物の性質を感じとったり気付いたりし、予想したり工夫したりするなど多様な関わりを楽しんでいます。

子ども達がいろいろな方法で主体的に関わり変化や手応えを楽しみ、様々な気付きや発見をしています。

お問い合わせ

舞鶴市役所健康・子ども部幼稚園・保育所課

電話: 0773-66-1009

ファックス: 0773-62-9897

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

健康・子ども部幼稚園・保育所課


うみべのもり保育所 子どもの様子(夏)への別ルート