ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

舞鶴市ホームへ

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ

  • 背景色

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置

あしあと

    コラム1. 外見でわからない障害があります

    • [2020年7月10日]
    • ID:6936

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    1. 外見でわからない障害があります

    広報まいづる平成27年8月号(vol.954)掲載


     聴覚に障害のあるAさんが、ある研修会に参加したときのことです。参加者が多く、初日の講義は後ろの方の席になってしまい、ほとんど話の内容を聴きとることができませんでした。Aさんは、係の人に聴覚に障害があることを伝え、前の方の席をとってもらうことはできないかと相談しました。係の人は「そうでしたか、何も知らずにこちらの配慮も十分でなくご迷惑をかけました。これからは、ご不便なことがあればいつでも言ってください」と丁寧に応え、次の日、Aさんは、前の方に席をとってもらうことができました。
    ハートプラスマークの画像

     私たちは、外見でわかる障害のある人を見かけたら、足が悪いんだなとか目が不自由なんだなと理解し、気遣いをしながら接することができます。でも、Aさんのように外見ではわからない障害のある人に遭遇したら、私たちは、その障害に気付き配慮した行動がとれるでしょうか。
     内閣府が行った「障害のある当事者からのメッセージ(知ってほしいこと)」意見募集の結果では、「外見でわかるものだけが障害ではなく、外見ではわからないために理解されずに苦しんでいる障害もある」「障害の種類も程度もさまざまであり、一律ではない」「障害は誰にでも起こり得る身近なもの」という回答が上位を占めています。

    マタニティマークの画像

     「聴覚障害」や「内部障害(透析を受けている、人工肛門や人工膀胱を必要とするなど)」「発達障害」といった障害は外見では分かりにくく、当事者が意思表示しない限り、周りの人は「不便さ」や「困ったこと」に気付きにくいものです。
     私たち一人ひとりが、障害のあるなしにかかわらず、助けを必要としている人に、声をかけたり手を差し伸べたりしていくことで、外見ではわからない障害のある人にとっても「不便さ」や「困ったこと」が少しずつ取り除かれていき、誰もが心地よく住みやすい社会になっていくのではないでしょうか。

    お問い合わせ

    舞鶴市役所市民文化環境部人権啓発推進課

    電話: 0773-66-1022

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム


    ページの先頭へ戻る

    〒625-8555 京都府舞鶴市字北吸1044番地

    電話:0773-62-2300(代表)

    法人番号:4000020262021

    このホームページに関するお問い合わせ・ご意見は

    舞鶴市役所 市長公室 広報広聴課

    電話:0773-66-1041

    舞鶴市の地図

    Copyright © 舞鶴市役所 All Right Reserved