○舞鶴市立図書館条例

平成元年3月29日

条例第4号

(設置)

第1条 図書、記録その他必要な資料を収集し、整理し、保存して、市民の利用に供し、その教養、調査研究、レクリエーション等に資することを目的として、図書館法(昭和25年法律第118号。以下「法」という。)第10条の規定に基づき、次に定める舞鶴市立図書館(以下「図書館」という。)を設置する。

名称

位置

舞鶴市立東図書館

舞鶴市字溝尻25番地

舞鶴市立西図書館

舞鶴市字円満寺100番地の8

(平2条例18・一部改正)

(分館)

第2条 前条の目的を効果的に達成するため、図書館に次の分館を設置する。

名称

位置

舞鶴市立東図書館中分館

舞鶴市字余部下1,167番地

舞鶴市立東図書館南分館

舞鶴市森1,005番地の3

舞鶴市立西図書館加佐分館

舞鶴市字志高1,005番地

(事業)

第3条 図書館は、第1条の目的を達成するため、次の事業を行う。

(1) 図書、記録、視聴覚教育の資料その他必要な資料(以下「図書館資料」という。)を収集し、整理し、及び広く市民等の利用に供すること。

(2) 図書に関する情報及び参考資料を紹介し、及び提供すること。

(3) 読書会、研究会等を主催し、及びその奨励を行うこと。

(4) 学校、公民館等と緊密に連絡し、協力すること。

(5) その他図書館の目的を達成するために必要な事業

(利用の制限)

第4条 教育委員会は、図書館又はその分館を利用する者(以下「利用者」という。)が次のいずれかに該当するときは、入館を拒み、又は退館を命ずることができる。

(1) この条例この条例に基づく教育委員会規則又は教育委員会の指示に違反したとき。

(2) 他の利用者に迷惑をかけ、又は迷惑をかけるおそれがあると認められるとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、管理上支障があると認められるとき。

(損害賠償)

第5条 利用者は、その責めに帰すべき理由により、図書館又はその分館の施設、設備、図書館資料等を汚損し、破損し、又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。

(図書館協議会)

第6条 法第14条第1項の規定に基づき、舞鶴市図書館協議会(以下「協議会」という。)を置く。

2 協議会の委員(以下「委員」という。)は、次に掲げる者の中から教育委員会が委嘱し、又は任命する。

(1) 学校教育及び社会教育の関係者

(2) 家庭教育の向上に資する活動を行う者

(3) 学識経験のある者

(4) その他教育委員会が適当と認める者

3 委員の定数は、10人以内とする。

4 委員の任期は、2年とする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

5 委員は、再任されることができる。

(平29条例53・一部改正)

(委任)

第7条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

この条例は、別に規則で定める日から施行する。

(平成元年規則第11号で平成元年4月21日から施行)

附 則(平成2年9月21日条例第18号)

この条例は、別に規則で定める日から施行する。

(平成2年規則第20号で平成2年12月12日から施行)

附 則(平成29年12月26日条例第53号)

この条例は、平成30年4月1日から施行する。

舞鶴市立図書館条例

平成元年3月29日 条例第4号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第10編 育/第3章 社会教育/第2節 社会教育施設等
沿革情報
平成元年3月29日 条例第4号
平成2年9月21日 条例第18号
平成29年12月26日 条例第53号