○舞鶴市郷土資料館条例

昭和50年10月11日

条例第20号

(設置)

第1条 郷土の文化的遺産を保存、展示し、市民の教育文化の向上に資するため、舞鶴市郷土資料館(以下「郷土資料館」という。)を舞鶴市字南田辺1番地に設置する。

(平6条例25・平27条例48・一部改正)

(業務)

第2条 郷土資料館は、次に掲げる業務を行う。

(1) 文化財、文化資料等の収集、保存及び展示並びに収集、保存等についての調査及び研究に関すること。

(2) 市民の文化財愛護の啓発に関すること。

(入館料)

第3条 郷土資料館の入館料は、無料とする。

(平6条例25・全改)

(遵守事項)

第4条 利用者は、館内の秩序を尊重し、この条例及びこれに基づく規則を守り、その他管理者の指示に従わなければならない。

(損害の賠償)

第5条 利用者が郷土資料館の施設、設備等を損傷し、又は資料を滅失、毀損若しくは汚損したときは、その損害を賠償しなければならない。

(平27条例48・一部改正)

(委任)

第6条 この条例の施行について必要な事項は、別に市長が定める。

附 則

この条例は、昭和50年11月1日から施行する。

附 則(平成6年10月6日条例第25号)

この条例は、規則で定める日から施行する。

(平成6年規則第52号で平成6年12月11日から施行)

附 則(平成27年12月25日条例第48号)

この条例は、規則で定める日から施行する。

(平成28年規則第39号で平成28年7月15日から施行)

舞鶴市郷土資料館条例

昭和50年10月11日 条例第20号

(平成28年7月15日施行)

体系情報
第10編 育/第4章 文化財
沿革情報
昭和50年10月11日 条例第20号
平成6年10月6日 条例第25号
平成27年12月25日 条例第48号
平成30年6月29日 条例第41号