○消防副士長に関する規程

昭和44年4月1日

消本訓令甲第2号

(趣旨)

第1条 この訓令は、消防副士長(以下「副士長」という。)の任命、職務等に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置の基準)

第2条 副士長を置く基準は、消防長が必要と認める所属ごとに若干名とする。

(職務)

第3条 副士長は、上司の命を受け、所掌事務を処理するほか、次の各号に掲げる職務を行うものとする。

(1) 消防士の業務執行についての実務指導を行う。

(2) 消防士長を補佐し、消防士長に事故があるときは、その職務を代理する。

(任命の方法)

第4条 消防署長は、消防長の指示に基づき、次に掲げる者のうちから適任者を選定し、消防長に推薦するものとする。

(1) 消防士長昇任試験に合格している者

(2) 消防士としての勤務年数が10年以上であり、勤務成績が優良であって、指導能力を有している者

第5条 消防長は、前条により推薦を受けた者(消防士長昇任試験合格者を除く。)に対し、消防実務に関する口述考査及び面接による人物考査を実施することがある。

(任命)

第6条 消防長は、前条の結果に基づき、副士長に任命するものとする。

(施行細目)

第7条 この訓令の施行に関し、必要な事項は別に定める。

附 則

この訓令は、昭和44年4月1日から施行する。

消防副士長に関する規程

昭和44年4月1日 消防本部訓令甲第2号

(昭和44年4月1日施行)

体系情報
第12編 災/第3章 防/第1節 消防本部・消防署
沿革情報
昭和44年4月1日 消防本部訓令甲第2号